*All archives* |  *Admin*

2004/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和風ローストビーフ


名古屋からです。
久しぶりに帰ったら名古屋駅のコンコース様子が変わっててびっくりでした。
今日も料理当番です。もちろん自ら志望!

牛肉の固まりは塩こしょうします。
フライパンに油を敷いて牛肉の表面を軽く炒めます。
醤油と酒を同量いれて、蓋をして3,4分蒸します。
切り分けてできあがり。
残ったつけ汁はたれにします。

ゴハンを食べてくれる人がたくさんいるのは楽しいです。
今日は(も)4合瓶あけて幸せです~。
スポンサーサイト
えのきと玉葱の梅胡麻和え


仕事も終わりました。明日はいよいよ帰省です。そんなわけで台所一掃料理。
玉ねぎと白菜が最後に余っていたので使い切ります。

玉ねぎはスライスして水にさらします。
えのきはほぐしてからゆでます。
水気を切った玉ねぎとえのきをボールにいれ、
そこに胡麻油、醤油少々、梅干をちぎったもの、酢又は柚子の絞り汁、胡麻をいれて和えます。
器に盛って、海苔をちらして出来上がり。

ふ~終わったぞぉと今日は「ねのひ」の熱燗です。
白菜はまた汁物にしました。
冷蔵庫もすっきりして、行ってきます。
ゆず鍋


今日は朝から一日雪でした。それはそれは寒い一日でしたが、やはり雪景色はいいですね。
今日はほんとに芯まで冷え込んだので、こんな鍋にしました。
もう足までぽかぽかです。

鍋に水と昆布をいれて火にかけます。
沸騰したら、白菜、葱、えのきをいれます。
くたっとしてきたら醤油、塩、酒で味付け、餅をいれます。
火をとめて蓋をして餅が柔らかくなったら、仕上げに刻んだ柚子の皮を散らしてできあがり。

台所の余り物を使ったなんてことない鍋なんですけど、柚子で一味違った味わいになります。

夕方にはやんで、もうだいぶ解けています。
ea0af1ed.jpg

人参のホットツナサラダ


今日も寒いですね。
最寄り駅の近くに相撲部屋があるらしいのですが、帰りにスーパーによったら髷を結ったお相撲さんが自転車で買い物にきていました。
さすが薄着です!洋服でしたけど。
葉つき人参が安かったので、今日はちょっと洋風サラダです。
この時期、人参が甘くてサラダにするととても美味しいです。

人参は乱切りにして柔らかくゆでます。
玉ねぎと人参の葉はみじん切りにします。
ツナ、玉ねぎ、柚子の絞り汁(酢でも可)、柚子の皮、人参の葉をあわせ、マヨネーズと塩こしょうで味付けます。
器に盛った人参にツナをのせて出来あがり。

今、「火の用心」の声と拍子木をうちならす声が聞こえました。
消防団の方が4人、メガホンを持って、提灯をさげて(中身は電球でしょうけど)、夜回りしていました。
わぁ本物だった。嬉しいなあ。
厚揚げとえのきの味噌煮


クリスマスが終わったと思ったらすでに街は暮れの雰囲気。
街角のあちこちで、注連飾りが売られています。
名古屋からこちらに出てきたとき、この注連飾りを売っているのに驚きました。名古屋では見られない光景です。
さて、今日も味噌と酒であたたまる一品です。

厚揚げは油抜きしてから適当な大きさに切ります。
鍋に、油揚げ、ほぐしたえのき茸、おかか、酒、みりん、醤油と水をほんのちょっといれて、蓋をして煮ます。
えのき茸がくたっとしてきたら、味噌を溶き入れます。
火をとめて、少しおいて味がしみたら器に盛ります。
そこに小口切りにした葱と柚子を載せて出来上がり。

柚子の香りがたまらなく美味しいです。
辛口の日本酒にぴったりです。
白菜とベーコンの酒蒸し煮


ここのとこやっと冬らしい天気が続いています。冬生まれの私は寒いこの季節が大好きです。毎年しもやけで悩まされるほどの冷え性なんですけど。
今宵はこんなメニューで温まります。

白菜はざく切りにします(これで4分の1の半分くらいです)。
ベーコンも適当な大きさに切ります。
厚手の鍋に白菜とベーコンをいれ、酒を注ぎ、塩こしょうして蓋をして煮ます。
沸騰したら弱火にして白菜がくたっとしたら火をとめ、混ぜて出来上がり。

ふ~ぽかぽかです。
お酒とこしょうはちょっと多いかな?というぐらいにいれてみてください。
アルコールがとぶからお酒が弱い人でもきっと大丈夫ですよ!(たぶん)
大根のカレーマリネ


大根料理で何か変わったものないかなーとネットで探して見つけました。大根にカレー??という想像もつきませんでしたが、やってみると意外においしい。冷蔵庫で保存もきくし、これはなかなか便利な一品です。
大根あまっちゃうよ・・・なんてときよさそうです。

大根は乱切りにして、塩をふってしばらくおきます。
酢、砂糖、塩を火にかけて甘酢をつくります。
玉ねぎはくし切りにします。
甘酢にカレー粉をいれ(好みの量で大丈夫です)、そこに水気を切った大根と玉ねぎをつけこみます。
3時間ぐらいおいたらできあがり。

いましがた拍子木を鳴らす音とと「火のよぉぉじん」という声が聞こえました。わぁ冬だ~しかも久しぶりに聞いた~。
でも心なしか声がスピーカーっぽい。
外出て見ようかと思ったけど、この寒さで出られず。
また来ないかな~。
鶏手羽肉の香味ソースづけ


クリスマスイブですね~って別になんにもしてないです。昨日の飲み会だってあくまで”忘年会”。
でも、一応鶏肉メニューです。あくまで味は和風の味付けです。

鶏手羽元は、塩こしょうして、鍋で蒸します(私は圧力鍋を使いました)。
蒸している間に醤油、酒とにんにく、生姜のみじん切りを混ぜたたれをつくります。
蒸しあがった手羽元をたれにつけます。
途中でひっくりかえして味をしみこませます。
数時間おいてできあがり。

これは知り合いの方に教えていただいたのですけど、蒸すことで油もおちてさっぱりととても食べやすいです。にんにくと生姜の香りがまたいいです。
定番にしようっと。
今日は近所の焼き鳥やさんまでクリスマス装飾になっていました。
餃子


女4人で我が家で忘年会です。いろいろ手間のかからないものを作ったのですが、その中では一番手がかかったもの。
皮からつくった美味しい餃子です。

皮を作ります。
小麦粉(中力粉、強力粉と薄力粉を混ぜても)に塩少々を混ぜ、熱湯をいれてまとまるまでよくこねます。
具を作ります。
白菜はみじん切りにして塩をし、水気をきります。そこに豚挽肉と人参、葱、生姜、ニンニクのみじん切りをいれて、粘りがでるまでよく混ぜます。
少しおいた皮を適当な大きさにちぎってまるめ、麺棒でのばします(手でのばしても大丈夫です)。くっつくので粉をよくはたきながらするといいです。
成形します。
具を包んでフライパンやホットプレートに胡麻油で焼きます。
焦げ目がついたあと、水を少々いれて蓋をして蒸し煮すると皮がもちもちになってまた美味しいです。
80fefc63.jpg
飲み食べながら焼き、また焼き、とやっていたので、焦げました。
でも美味しい餃子です。
皮と具をつくって、大勢でわいわいとのばして包んでいくのも楽しいですよ。
お雑煮胡麻みそ仕立


忘年会の中休み。今日はこんな料理で胃と肝臓をいたわります。

白胡麻はすり鉢で油がでるまでよくすります。
鍋で昆布出汁をとります。
昆布出汁にすった胡麻をいれて火にかけます。(このときいったんすり鉢に出汁をいれてから鍋に戻すと、すり鉢のすり胡麻が無駄なく移せます)
煮立ってきたら、春菊とお餅をいれて、西京味噌、もしくは味噌と味醂で味付けます。
お餅が柔らかくなったらできあがり。

少し甘めにしたほうが美味しいです。
寒い今宵、心も身体もあったまって幸せになる一品です。
冬至かぼちゃ


今日は冬至です。もちろんかぼちゃ。占いとか迷信とか一切気にしないのですけど、こういう季節柄のものは大好きです。
シンプルに南瓜だけの煮ものです。

南瓜は洗って切り、鍋に水、昆布、醤油、みりんを入れて煮ます。
柔らかくなったらできあがり。

かぼちゃのおいしさが一番味わえていいものです。
冬至の食べ物にはこのほか蒟蒻を食べる地域もあるそうですね。
ビタミンで風邪ひかない、身体の大掃除、などいろいろな意味があるのでしょう。
さて、これから柚子湯です。あったまろうっと。
さつま芋の柚風味


薩摩芋のレモン煮というのはよく色々なところで見かけるレシピですが、これを柚子でやったらどうなるんだろうと思って試してみた一品です。
今年は柚子が安いですね。料理はもちろんお風呂にいれたり色々に使っています。夏に引っ越してきた今住んでいるところがとっても物価の安いためだけなのかもしれないのですが。

鍋で切った薩摩芋、塩、醤油、みりん(多めに)をいれて煮ます。
柔らかくなったら柚子の絞り汁をいれ、火をとめます。
刻んだ柚子の皮をちらしてできあがり。

私の愛読雑誌dancyuに先日つくった
かぼちゃのレーズンバター煮を投稿したら「我が家のレシピ自慢」に載ることになりました。
やったぁ!何月号に載るのかな~。
ぽてちぃ


友人宅で忘年会です。もちろん料理当番!
今日のメインは鍋だったので、ちょっとだけつまめるものを作りました。
これ、簡単で大好き。飲み会のときはちょくちょく作ります。
"ぽてちぃ"とは「ポテト」と「チーズ」です。

じゃがいもは皮付きのままふかします。
皮をむいて、つぶし、塩とバターで味付けます(バターはじゃがいも大4個で大匙1ぐらいです)。
チーズをなかにいれて、団子状に丸めます。
トースターかグリルで焦げ目がつくまで焼いて出来上がり。

で、メインの鳥鍋は、昆布で出汁をとって、醤油、酒、塩で薄く味をつけ、鶏肉、白菜、葱、春菊、豆腐、えのき、春雨をいれました。
美味しいお酒を飲んで、最後におじやにして幸せ幸せ。
白菜とシーチキンのサラダ


事仲間との飲み会にこんなものを持参しました。
簡単にできてみんなに喜ばれる一品です。

白菜は細く切って塩をして30分ほどおきます。
ボールにシーチキンと戻した春雨をいれ、さらに水気を絞った白菜をいれます。
そこに斜め切りした葱をいれ、一味唐辛子、醤油、マヨネーズで和えます。

みんな食べてくれてありがとう!
またまた白菜メニューだけどこれは海外でもできるかしら?
白菜と春雨の煮


白菜を使った料理、しかも日本酒にあうものを!とリクエストをいただいたので、今日はこんなのにしてみました。
日本酒好きの女将がつくるのですからもうバッチリあいます。
熱々を召し上がれ。

白菜と薩摩揚げはざくざくと適当な大きさに切ります。春雨は熱湯で戻します。
鍋に薄切りにした生姜、白菜と昆布をいれ、醤油、酒、みりんをいれて蓋をして火にかけます(白菜から水分がでるので水はいりません)。
煮立ったら春雨と薩摩揚げをいれて、さらに煮ます。
白菜がくたっとしたら出来上がり。

は~美味しかった。
で作ってから気がつきました。リクエストはアメリカからのもの。
ごめん、そっちじゃ薩摩揚げや春雨なんて売ってないよね。
(春雨は中華食材の店であるかな。)
また作ります。。。
焼き豆腐とほうれん草のみそマヨ


しまった、ちょっと焦がしちゃいました。でもホワイトソースがいらない簡単でおいしいグラタン(風、かな)なのでのせちゃいます。

ほうれん草はゆでてから、バターで炒め、塩こしょうします。
耐熱皿に切った焼き豆腐を並べ、そこにほうれん草を載せ、さらに味噌とバターをちらして、マヨネーズをかけます。
トースターなどで焦げ目がつくまで焼いて出来上がり。

面倒だったらほうれん草はゆでるだけでも大丈夫。
我が家はオーブンなどがないので、これはグリルで焼きました。
グラタン(風)ですが、味は日本酒、焼酎向きです
さつま芋のみぞれ和え


友人から美味しいさつまいもをいただきました。熊本県大津産のかんしょです。
折角甘くて美味しいおさつなので風味をいかそうと思い、こんなふうにしてみました。
温かい薩摩芋と冷たい大根おろしとのとりあわせが美味しいです。

大根はおろしてから水気をきり、醤油、みりん少々とかつお節とあわせておきます。
さつまいもは輪切りにしてからふかします。
器に盛ったさつまいもにおろし大根をかけてできあがり。

大根おろしと合わせるのはめんつゆでもいいです。
とっても甘いさつまいもでした。ご馳走さまです。
玉葱と油揚げのくたくた煮


お腹すきました~。こんな日は作る気力もだいぶ減退していて、いつもにまして簡単酒肴です。でも味はばっちりですよ。

玉ねぎはくし形に、油揚げは油抜きしてから短冊に切ります。
鍋に玉ねぎと油揚げをいれ、醤油、みりん、酒で甘めに味付けて蓋をして煮ます。
焦げ付きそうだったら水を足して。
玉ねぎがくたくたになって味がしみたら出来上がり。

仕上げに一味をふりました。
ふわぁ今日も一日終わりです。
いも焼き


夜になると寒くなりますね。先日nora さんに教えてもらった"いも焼き"早速試してみました。
うわっこの素朴な味とても美味しい!お気に入りの一品になりました。焼酎によくあいます。

葱1本はみじん切りにしておきます。
じゃがいもは大1個はすりおろして、ボールにいれ、葱と混ぜます。
塩少々と小麦粉(まとまる程度に)をいれてさっくり混ぜます。
フライパンに多目の油をしいて両面焼きます。
できあがり。

教わったとおり醤油に七味でいただきました。
確かに熱々が美味しいです。
皆様オススメ料理ありましたらぜひぜひ教えてください。
noraさん、ありがと!
大根の高野豆腐あんかけ


最近歩くのが遅くなった自分に気がつきました。この夏以来、マイペースに好きに生活しているのがいいみたいです。毎日のんびりゆったりとした過ごしています。
で、この大根もゆっくり炊いたものです。一晩おいて味をしみこませました。

大根は一度かために茹でてから、昆布と醤油で煮ます。
柔らかくなったら火をとめてそのまま一晩おきます。
翌日、火をいれて温めたら大根はさらにとります。
煮汁にみりんをいれ、そこに戻してちぎった高野豆腐をいれてさっと煮ます。
片栗粉でとろみをつけて、大根にかけます。

身体の芯から温まりますよ。
小女子とピーナツの甘辛煎り煮


先日ご馳走になったときの煮干とピーナッツを炒ったのがとってもおいしかったです。
ちょうど煮干小女子が手に入ったので、落花生をがんばって剥いて早速やってみました。
お酒のつまみだ~~

小女子はフライパンで炒って、そこに刻んだ大根葉をいれ、さらに炒めます。
大根の葉の水分がとんだらピーナツをいれて軽く炒め、醤油、みりんをいれて煮ます。
水分がなくなったら一味唐辛子をふってできあがり。

大根葉をいれなければお節料理にもよさそう。
おせちの田作りって飽きちゃうけどこれならばっちりです。
今年、いや来年のお節はこれで決まり!
大根葉の麦雑炊


そろそろ忘年会シーズンですね。気の置けない仲間と飲むことは楽しいものです。でも忘年はしてもいいけど、忘日(時間)はしないように気をつけなきゃです。
今日はそんな日々に備えて(?)お腹に優しい一品です。

鍋に水をいれ、昆布と洗った押麦をいれて火にかけます。
沸騰したら蓋をあけて(沸騰するといっきにあふれるので注意!)火を弱め、切ったさつまいもをいれます。
ことこと煮てさつまいもが柔らかくなったら刻んだ青葉をいれます(今日は大根の葉)。
味噌で味付けて出来上がり。

素朴な一品ですがとっても美味しい。幸せな気分になれます。
青菜はねぎや春菊、小松菜などなんでもあいます。
かわりポテトサラダ


ポテトサラダって簡単なようで意外に難しいものです。ほこほこしていて、塩味とマヨネーズの味がうまくまとまっていて、それでいて素材の味がわかるようなポテトサラダが目標です。
今日は梅味のポテトサラダにしてみました。

じゃがいも大3個は切って皮付きのままゆでて、熱いうちに塩こしょう、酢(今日は梅酢)をいれて味をなじませます。
(ゆでたあと皮を普通むくのですが、今日はおいしいじゃがいもだったのでそのままにしました)
玉ねぎは薄切りにして水にさらします。
じゃがいもが冷めたら、玉ねぎをいれ、そこに細かくたたいた梅干(今日は3個つかいました)とマヨネーズをいれ、和えます。
できあがり。

今日のポテトサラダは、うーん90点ぐらいかな。
お芋がごろごろしてあまりつぶさないほうが好きなのですけど、見た目と口当たりからはもう少しつぶしたほうがよかったかなー。
味は◎でした。
もやしチャンプルー


材料をカテゴリーにひとつずつ載せていたらとっても多くなってしまったので最近ちょっと整理中です。
こうやってみると材料が偏ってる… 多いのは芋ですね。昔から"芋ねえ"(ねえは姉)といわれるぐらい芋好きです。
芋さえあればご飯もいらないくらい。
そんな話をしつつ、今日の材料はもやしと豆腐です。

もやしは洗って、豆腐は重しをして水切りします。
フライパンを熱々に熱して胡麻油をいれ、煙がたってきたら、もやし、それから豆腐を崩していれます。
いっきに炒めて鰹節をいれ、醤油と塩、酒で味付けます。
最後に一味唐辛子をふってできあがり。

今日のカテゴリーは豆腐に分類してもいいけど、豆腐も結構多いので"もやし"にしました。
きのこのチーズオムレツ


仕事が終わったら急にオムレツ(しかもチーズオムレツ!)が食べたくなって、今宵の酒肴となりました。
チーズ以外の具は帰り道のスーパーで決定。ほうれん草かきのこか迷って後者になりました。

椎茸は薄切りに、えのきは半分に切ってフライパンでバターで炒め、軽く塩コショウします。
卵をといてよーく泡立て、そこに切ったチーズときのこを混ぜ、塩こしょうで味付けます。
フライパンにオリーブ油をしいて、流し込み、火がとおってきたらくるっとまいて出来上がり。

具が重くて、ひっくり返すのもお皿にうつすのも結構大変でした。
満足満足~♪
さつま芋と春菊のカレー炒め


これから春菊が旬ですね。昔これも畑で育ててました。とっても簡単に育てられて、虫もつかなくて、連作もできていい野菜でした。
この香りの強い春菊をカレー味にしてみました。あっこれ美味しい!

鍋でオリーブ油を熱し、薄切りしたニンニクを炒めます。香りがでたら、切ったさつまいもをいれてさらにゆっくり炒めます。
油が回ったら、ほんのちょっと水をいれて軽く煮ます(お芋のほうが火がとおるのに時間かかるので)。水が大体なくなったら、切った春菊をいれてさらに炒めます。
カレー粉と塩で味付けてできあがり。

今日もお稽古にいって、仕事してまたお稽古にいって、ゴハン作って無事一日終了しました。
およばれゴハン


お世話になっているお宅でご馳走になりました。このお料理は旦那さんが作られたものです。
どれもこれも美味しくて美味しくて、お酒もいただいて至福のときを過ごしました(どこでも遠慮なく酔っ払っている私)。

ブログでは料理をされる男性を拝見しますが、身近ではあまりいないのでとても新鮮で感激でした。
男性の作る料理は女性とはどこか違う気がします。
一体なんでしょう?
春菊とさつま揚げの和えもの


今日は嬉しいことに仲良くさせていただいている方からお酒をいただきました。「手取川」の純米大吟醸です。もったいながりの私は早速あけるなんてことはできずにしばらく眺めています。
お正月にあけようかなあ。
で、今日は日本酒にばっちりあう肴です。

春菊はゆでてから適当に切ります。
さつまあげは切って、フライパンで焼きます。
春菊とさつま揚げをボールにいれ、醤油、胡麻油、一味唐辛子、すだちの絞り汁(なくても)をいれます。
全部和えてできあがり。

今日はとっても寒い一日でしたけど、明日はずいぶんと暖かくなるみたいですね。
寒暖の差が激しいので風邪ひかないようにお気をつけください。
大根なます


お正月のおせちはどうしよう?と母と電話で相談。いつもは実家に帰って手伝うのですが、今年は私もぎりぎりに帰る上、母が忙しいので手分けして作ってもっていくことにしました。
私は田作りやきんとん、卵など汁気のないもの、母はお煮しめや黒豆、昆布巻きなどを担当となりました、
で、そんな話をしていたらなますが食べたくなりました。紅白じゃなくて大根だけのなますです。

大根は千切りにして塩をしてしばらくおきます。
水気をしぼったらそこに酢、砂糖と胡麻をいれて混ぜます。
味がなじんだら出来上がり。

胡麻でなくてピーナツを刻んだものでもおいしいです。
しかし、東京から名古屋まで足代考えるとなんとも高いおせちです
ヌーヴォー(梅酒)解禁!


12月にはいって、やっと今年の梅酒の解禁日がやってまいりました!6月につけて我慢して12月。昨年のはすでに9月になくなりました。

透明なのはホワイトリカーと氷砂糖でつけました。王道ですね。
もうひとつは、色々焼酎をブレンドしてさらに黒砂糖でつけてみました。さえこプランド(?)です。

今日開封しようかと思ったけどわいわいと仲間で飲みたくてもうちょっと我慢することにしました。
ちなみにこの一瓶、2升近くあります。重い!で、一体いつまで持つかしら。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。