*All archives* |  *Admin*

2005/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわりなます


2005年も今年で終わり。
大晦日、おせち料理を作っています。
いろいろ作ったうちの一品、なますです。
これは京都の祖母が毎年作ってくれた味で、豆腐を入れたちょっとかわったなますです。

豆腐は茹でておきます。
大根とにんじんは千切りにして塩をします。
しなっとしたら水気を絞り、同じく水気をきった豆腐を入れ、酢、砂糖、すり胡麻と和えます。
出来上がり。


味見したら美味しい。
一日おくと味がしみるので、明日はもっと美味しいはず。
他のおせちもお重に詰め始めました。
あとは年越しそばを食べるだけです。
スポンサーサイト
ゆべし


"ゆべし"というと東北地方のくるみゆべしなど餅粉を使ったお菓子がありますが、こちらはゆずと味噌を使った保存食。
薄く切って茶請けやおつまみにぴったりです。
今まで頂いたことしかなかったのですが、今年初めて作ってみることにしました。

八丁味噌に鰹節(たくさん)、刻んだくるみ、松の実、胡麻を混ぜます。
ゆずの上を切り取って中身をくりぬき、味噌を7分目ぐらいまで詰めます。
上はこれを詰めたところです。
これを1時間半ほど蒸します。
さらにこれを風通しのよいところに1、2ヶ月干して出来上がり。


途中お湯を足しながら蒸しています。
蒸している最中も柚子のいい香りがしてきます。
出来上がって食べられるのはまだまだ先。
すごーく楽しみです。f5e30d3b.jpg

贅沢飲み


名古屋の友人宅で忘年会。
こんな素敵なお酒をごちそうになりました。
幸せです~。
けんちん汁


大掃除(中掃除ぐらいですけど)も終わって、年賀状も書き終えてなんとか一段落。
どうしても暮れは気忙しいですね。
今日も残り野菜を使った一品です。
葱と大根が少しと蒟蒻が半切れ、これに豆腐と乾し椎茸を加えてあったかおつゆです。

乾し椎茸は戻しておきます。
大根と葱は切って、こんにゃくがちぎっておきます。
鍋に胡麻油をしいて、崩した豆腐、大根とこんにゃく、戻した椎茸を入れて炒めます。
油がまわったら椎茸の戻し汁と水、昆布をいれて煮ます。
野菜が柔らかくなったら葱をいれ、醤油と酒(今日はそれに味噌少々)で味付けます。
出来上がり。

みりんを使わなくても冬野菜は甘いので大丈夫です。
七味をふっていただきまーす。
もやしと残り野菜の炒め物


暮れも押し迫ってまいりました。
そろそろ冷蔵庫の中身をすっきりさせなきゃです。
ブロッコリーの茎とじゃがいもが1個余っています。
今日はこれにもやしを加えて生姜炒めです。

フライパンに胡麻油をしいて生姜を炒めます。
香りがでたら細切りにしたじゃが芋をいれ、続いてブロッコリー、最後にもやしをいれて炒めます。
塩、こしょうで味付けて出来上がり。

残り物とはいえないぐらい美味しくできました。
最初にしく胡麻油は少しにして、途中でも胡麻油を足すと風味が残って美味しいです。
年末はどうしても気ぜわしくなります。
美味しいもの食べてホッとです。
自家製切干大根の味噌汁


先日挑戦した切干大根
4日ほど外に干して、さらにオイルヒーターの上でしっかり乾燥させてできあがりました。
今日はこれを使ってお味噌汁です。

鍋に水と昆布とさっと洗った切干大根をいれて火にかけます。
(切干大根が水を吸うので水は多めに)
沸騰して切干大根が柔らかくなってきたら、小口切りにした葱とくずした豆腐をいれます。
味噌をときいれてひと煮立ちさせます。
出来上がり。

切干大根の味噌汁はよく作る大好きなものですが、今日は一層わくわく感がつのります。
食べてみるとわぁ甘い!
味醂をいれたみたいです。
市販のより歯応えもしっかりしています。
これはもっと作らなきゃ。
大根の安い今、たくさん買ってこよう!
ブロッコリーのツナサラダ


昨日作ったものですが好評だったので、別立てです。
家に人が集まるときだって手の込んだ料理はありません、というよりいつも以上に簡単なものばかりです。
これも作り方を話すと「えーそれだけ?」と驚かれてしまうくらいとっても簡単。
でも美味しいんです。

ブロッコリーは茎も房も一緒に茹でます。
ボールにツナを油ごとと冷めたブロッコリーをいれます。
醤油と一味唐辛子をふって和えます。
出来上がり。

手間はブロッコリーをゆでるぐらいで、あっという間にできてしまいます。
ブロッコリーをゆでるときも、切ったブロッコリーと水少々を厚手の鍋にいれて蓋をして火にかければ湯をわかす手間もいらず短時間で茹で上がります(蒸し煮するような感じです)。
あえて一ついえば旬の野菜を使うことでしょうか。
安くて美味しくて栄養満点です!
味噌おでん


クリスマスイブだよ~って世間は賑やかなわけですが、呑み助にとっては度重なる忘年会という名の飲み会により身体(肝臓)に負担がかかってくる頃です。
そんな呑み助が集まって今日は身体(肝臓)をいたわる会。
メインは味噌おでんです。
塩と醤油で薄味に炊き上げたおでんに、八丁味噌をみりんで溶いたものをつけて。

油を使わず、なるべく消化のいいものに。
でも、身体(肝臓)をいたわると言ってまさかお酒がないなんてことはありません。
いちご酒だの梅酒だの各自好きなものを飲んでいます。
日本酒も2本あきました。
身体にも優しく、お酒もおいしく、ほんとまったりいい夜です。
ふわぁーいほんとに楽しかった!!!
秋田屋(桜ヶ丘)


飲み仲間を訪ねて神奈川県は大和市まで遠征です。
以前もいった桜ヶ丘駅近くの秋田屋さんです。
いつも賑やか満員です。
今日は一段と忙しくて店長さんと全然お話できませんでした。残念。647bda5e.jpg

お酒はもちろんですがお料理がどれもほんとに美味しいです。
これはもつ煮。
煮こごりにならんで好きなものです。
赤だしじゃないけどおいしーい。



お酒はほんとに美味しいものがいろいろ揃っていて「こんなの」と好みをいうと出してくれます。
たぶん都内じゃ一杯ウン千円してしまうお酒もここでは普通のお値段です。



お燗も飲んで。
地元、茅ヶ崎の蔵元のお酒だそうです。
まあるい味で美味しい。

先々月にここへ訪ねたときはなぜか帰りに4時間近くかってしまったのですが、今日は無事最短時間で帰宅できました。
黒豆茶をいれて水筒を持って行ったのがよかったのかな。e46d0589.jpg

おしるこ


朝から一日23区西部を歩き回っていました(って電車を使ってですけど)。
さすがにちょいとくたびれて甘いものが食べたい気分です。
冬至の今宵、本来ならカボチャというところですけど、作ってあった餡子を使っておしるこにすることにしました。

小豆を茹で、柔らかくなったら砂糖と塩少々をいれ餡子を作っておきます。
(ここでおしるこにしてもいいですし、煮詰めて冷凍してしまってもいいです)
餡子を鍋にいれ、好みの甘さになるように水を足して火にかけます。
焼いた餅をお椀にいれて、餡子をかけて出来上がり。

わーい、今シーズン初おしるこです、美味しい。
餅は玄米餅です。
のびないですけど、香ばしくて焼いて何もつけなくても食べられます。
さてさてこれから柚子湯です。
あったまろうっと。
再来訪斎藤酒場(十条)


お気に入りとなった斎藤酒場へまたやってきました。
しかも飲み友達のまた友達も誘いあって。
飲み仲間って不思議です。初対面でもすっかり仲良くなります。
飲み友達が増えて、わーい、嬉しい夜です。

相変わらず混んでいる斎藤酒場です。
これは煮こごり。
大好きです。というとのん兵衛といわれてしまうのですが。
6902a774.jpg

玉子焼き。
中にいろいろ入っています。
子どものころこういうの食べました。懐かしい。
ちょっと甘い玉子焼きです。

年内はもう会えないかなーなんて言っていた仲間と会えたのでとっても嬉しい夜でした。
例によって調子にのってお酒をあけています。
今日は空いたお銚子は次々持って行かれてしまうので何本飲んだか分かりません。
でも2本×7はいっているでしょう。
いつもながら楽しい夜でした。わーい。
95969c9d.jpg
ブロッコリーのナムル


外でのゴハンはどうしても野菜が不足気味です。
今日はもりもりと野菜が食べたくなりました。
ブロッコリー一把を使って簡単ナムルです。

ブロッコリーは一口大に切って茹でます(茎や葉も一緒に)。
すった黒胡麻にブロッコリーをいれ、胡麻油と塩とで和えます。
できあがり。

わーい食べたー。
肉や魚はなくても平気だけど、野菜はないと元気がでません。
これで、これからの忘年会も新年会も元気に楽しく参加です。
ラインガウ(四ツ谷三丁目)


ドイツ料理のレストランで忘年会。
四谷にあるラインガウです。
ドイツ=ビール!と思っていたら大間違い。最初からワインです。
わーおいしい。
軽くて飲みやすい赤ワインです。

ドイツ料理といえばやっぱりこれ。
ソーセージの盛り合わせとポテト。
ボリューム満点。

9d0195f1.jpg

こちらはアイスバイン。
豚すね肉の塩漬けを茹でたもの。
隣にレバーケーゼです。
これも美味しい。

学生のころ第二外国語でドイツ語を選択していました。
ドイツ熱にかかったのか、ドイツ料理もいろいろ作っていました。
黒パンやキャベツとソーセージの煮込み(スパイスいれて)、シュトーレン(菓子)までも。
実家に料理本があるはずです。
ちなみにドイツ熱はあっという間に下がり、ドイツ語もほとんど覚えていません・・・。
e8190324.jpg
味噌煮込みうどん


今月に入って、高校時代の同級生の結婚祝いパーティーが2件(おめでと~。第3次結婚ブームかな)。
先日一緒に飲んだ"まき子の酒"のまき子さんはなんと同じ高校の出身だったことが判明(私が先輩)。
なんだか名古屋づいています。
嬉しくって寒い今宵、懐かしい味噌煮込みうどんにすることにしました。

鍋に水と昆布をいれ、大根と人参を入れて煮ます。
続いて葱、きのこ、油揚げを入れます。
うどんを入れて再沸騰したら酒、醤油と八丁味噌で味付けます。
最後に玉子を落として出来上がり。

半熟トロトロ玉子が美味しい。
味噌煮込みうどんには欠かせません。
具はこのほか鶏肉や里芋をいれるのも美味しいです。
味噌は実家の手前味噌。
カクキューにも負けません(^^)
自家製切り干し大根


天気がよくて、寒くて、空気が乾燥していて、ってこうすばらしい条件がそろったら、やっぱり天日干しです。
今の時期とっても安い大根を切干大根にしてみることにしました。

大根は短冊に切ります。
ざるに載せて干します。
乾いたら出来上がり。

以前もう少し気温の高い時期に作ってカビさせてしまいました。
きっとこの寒さなら大丈夫。
切干大根は煮物はもちろんですが、お味噌汁にいれるととても美味しいです。
出来上がるのが楽しみです。
黒糖ゆず


今日も寒いです。
気温は低いし、空気は乾燥しているし、風邪がはやりそうで怖いです。
名古屋の実家から庭でとれた柚子を送ってきたので、風邪予防にこんなものを作ってみました。
ビタミンCたっぷりです。

柚子は洗って半分に切り、種をとって薄切りにします。
瓶に柚子と黒砂糖とを交互にいれていきます。
(黒砂糖はかたまりのままでも大丈夫です)
途中時々瓶をふって、2、3日おいて出来上がり。


このままお茶請けにしてもいいし、お湯でといて柚子茶でも。
私は酒肴にもしちゃいます。
焼酎でわっても美味しそうです。
残った種は焼酎につけて手作り化粧水です。
これがいい匂いなんです。うっかり飲んでしまいそう。
大根葉の即席柚子漬け


大根、今がとっても美味しい時期です。
一本買ってもすぐになくなってしまいます。
いつもの葉つき大根、今日は葉っぱをこんなふうにしてみました。

大根葉は刻み、大根は薄くいちょう切りにします。
塩をしてしばらくおき、絞ります。
柚子のしぼり汁と刻んだ皮とをいれます。
できあがり。



気の早いサンタが!
なーんてこれ人形です。
ビルの2階の窓からぶらさがっていました。
ついでに電気もピカピカ光っています。
うふふ、おもしろーい。
思わず写真を撮ってしまいました。
d6cc0bbc.jpg

ずいきのさっぱり煮


夜になって風が出てきました。寒い寒い。
素面の身には夜風がしみます。
早く帰って燗つけなきゃ。
先日行った伊勢藤で食べたずいき(芋がら)の煮物が美味しかったので真似してみました。

ずいきは戻したあと適当な長さに切ります。
鍋に、ずいき、酢、醤油、みりん少々と水少々とを入れて煮ます。
ずいきがふっくらしたら火をとめて味を含ませます。
出来上がり。

わーい美味しくできました。
伊勢藤よりもちょっと甘めの味です。
お酢は多いかな、と思うぐらいにいれても大丈夫です。
こういうものって保存がきくのですが、いつもいつもすぐなくなってしまいます・・・
棟梁(東武練馬)


大、大、だーい好きな棟梁です。
しかも大好きな飲み仲間と。
わーい今日は(も)幸せです。
9c4df4d7.jpg

最初はこれ、貝いろいろ。
亀の手とふじつぼ、それからあれなんだっけなんとか貝です。
これを食べると無言になります。
ほじほじするのに夢中になるので。
399ea8e0.jpg

お刺身盛り合わせです。
実は私、お刺身ってそんなに美味しいものと思っていなかったのですがここ棟梁へきて目覚めました。
ほーんとに美味しい!
87761e3d.jpg

お刺身盛り合わせです。
実は私、お刺身ってそんなに美味しいものと思っていなかったのですがここ棟梁へきて目覚めました。
ほーんとに美味しい!
f2003c4e.jpg

牡蠣の天ぷら。
こんなの食べるの初めて。
わぁほっぺた落ちそう。
5049db92.jpg

生のからすみがあるけど食べる?って。
もちろん食べる!
6人が声をそろえて。
うっわぁこれおいしい。
とろとろです。
どうやって作っているのでしょう。
聞こうと思って忘れました(酔っ払い)。
a8f30cf0.jpg

定番白子の塩焼き。
ほっぺた落ちます。

楽しい仲間と美味しいお料理とお酒とこんな素敵な夜はありません。
また飲もうね~~
酒菜屋(池袋)


今日は踊り(日本舞踊)と三味線のお稽古と。
一日稽古三昧なんてそれだけでも幸せなのに、今日はさらにおいしいお酒も。
わーい今日はなんていい一日なんでしょう!
お店は池袋の酒菜屋(さかなや)です。



お酒を飲むときこういう珍味ものが大好き。
これは梅くらげです。
このほか氷頭(ひず。鮭の軟骨だそうです)、なんとか(名前忘れました。鮭の内臓の塩辛だったと思います)などなど。
「珍味」の項からばかり選んでいます。

燗をずっと飲んで最後に冷酒を。
結局何合飲んだのかしら。
ご機嫌で家にたどりついてから、あー、お三味線の譜を忘れてきた!!
帰りにみかんを買った近所のスーパーです。
しごく反省。
でもすぐ忘れるのですけど。

#翌朝取りに行って無事ありました
88e59f93.jpg

おでん


鹿児島のさつま揚げをお土産にいただきました。
鹿児島出身の方が「鹿児島で一番!」と太鼓判を押したさつま揚げです。
わーい嬉しい。大好きです。
寒い寒い今宵、早速定番のおでんにすることにしました。

厚めに切った大根はあらかじめ茹でておきます。
鍋に水、昆布、酒、塩、醤油とみりん少々をいれ、具を煮ます。
(今日はさつま揚げ、大根、ちくわ麩、こんにゃくです。)
火をとめて味を含ませます。
食べるときに再度温めてできあがり。

うわぁさつま揚げ美味しい!
ちょっと甘めのさつま揚げなのでみりんは控えめです。
大根もとろとろ、ちくわ麩もこんにゃくも美味しい。
美味しいお酒とともにご機嫌ご機嫌。
焼きそばかんずり風味


これが食べたーいというときがあります。
今日はなぜだか焼きそばです。
でも味付けはソースの気分ではなく、かといって塩というわけでもありません。
ふと冷蔵庫を見ると"かんずり"が。
これいいかも、と使ってみることにしました。

生姜を胡麻油で炒め、さらに切った長葱としめじを炒めます。
続いてそばを入れて炒めます。
最後に醤油、酒、かんずりを混ぜたものをまわしかけます。
スダチを添えてできあがり。

うわぁ大当たり!
エスニック風味に仕上がりました。
絞ったスダチがとてもよくあいます。
野菜だけの焼きそばになりましたが、もちろんこれに豚肉や海老をいれてもあいそうです。
ふ~満足~。
ネギたま


今日も星がきれいです。
オリオン座が傾いていて、"冬の大三角形"が見えています。
小学生のころ、名古屋市の科学館の天文クラブに入っていました(プラネタリウムがあるんです)。
春夏秋冬の星空を学んだはずなんですけど、覚えているのはこれぐらいです。
さて、今宵は温まるよう葱を使った一品です。

葱はフライパンで炒め、塩こしょうをしていったん取り出します。
卵をといて、酒、醤油、みりんをいれてよくあわ立てるように混ぜます。
といた卵をフライパンにいれ、かたまってきたら葱を戻します。
さっと混ぜて出来上がり。

東京では池袋のサンシャインにプラネタリウムがあります。
こちらは学ぶというよりも娯楽もの。
これはこれで面白いですけど、でももう一度解説を聞きながら真面目に星空について学んでみたいです。
大根とちくわのカレー煮


吐く息が白い今日この頃、冬好きの私には嬉しい限りです。
やっぱり寒くなくっちゃ冬という感じがしないですもの。
今宵は冬の定番、大根で変わり炒め煮です。
ちくわや大根にカレーなんて意外ですけどとてもよくあいます。

大根は短冊に切って、胡麻油で炒めます。
続いて切った竹輪もいれます。
そこに水少々、塩、醤油、みりん少々とカレー粉をいれて煮ます。
大根が柔らかくなったら出来上がり。


この寒さに街角のイルミネーションもきれいです。
これは新宿西口の野村ビル前です。7da8c2d0.jpg

からし菜のじゃこ炒め胡椒風味


八百屋さんで"からし菜"が売っていました。
わーい懐かしい。
これ、子どものころ埼玉の熊谷市に住んでいたころによく食べたんです。
なぜか名古屋ではあまり食べませんでした。
どんなふうにしても美味しいのですが、今日は炒めものです。

からし菜は刻んで胡麻油で炒めます。
しんなりしたらちりめんじゃこをいれます。
たっぷりの胡椒と塩で味付けてできあがり。

このからし菜が荒川の土手に生えているのを見つけて採って帰ったことがあります。
野生のだからというのでよーく灰汁抜きして食べてみたのですが・・・
とてもとても食べられる代物ではありませんでした。
灰汁が強すぎです。
って子どものころゆえ母が味見係になってくれ、私は口にしていないのですが。
なめこのみぞれ汁


ひよ~~寒い寒い。
こんな日は体の中から温まりたいものです。
でも夕方、夜空に浮かぶ星がとてもきれいです。
あの西の空の明るい星は金星でしょうか。
さっ帰って温かいお汁です。

鍋に水、昆布をいれ、塩と醤油、酒で濃い目に味付けます。
煮立てたところに大根おろしとなめこを入れます。
ひと煮立ちしたら火をとめます。
できあがり。

ぽかぽかです。
寒いときはちょっと塩味を濃い目にすると温まるように思います。
昆布は多めにいれると香りがでて美味しいです。
江戸一(大塚)


ふ~今日は冷えています。
でも今宵のお店はこんな寒い日にぴったり。
JR大塚駅近くの江戸一です。
ea2a098f.jpg

がらりと引き戸を開けるとコの字形のカウンターにおじ様方がずらり。
ふわぁすいません、まだ若造です。
お酒はいろいろあるけどお勧めは燗酒ということで最初からこれ。
開けた徳利がずらりと目の前に並びます。
まだまだこれは途中です。

つまみは刺身や湯豆腐、ねぎぬたなど酒飲みには嬉しいものばかりです。
どれも美味しいです。
何よりこの雰囲気が素敵です。

なんて楽しんでいたらびっくり、ここでバッタリだーいすきな先生とお会いしました。
2年ぶりぐらいになるでしょうか。
わぁい嬉しい。
いい夜になりました。
b2e22df5.jpg
大根とブロッコリーのしょうが煮


しとしと雨がふって寒い一日となりました。
こんな日は家に閉じこもって温かいお茶を飲みながら、ゆっくり手紙を書いたり、読書や和裁の宿題をします。
幸せ幸せ。
今宵の酒肴も温まる煮物にしました。

大根と油揚げは短冊に、ブロッコリーは適当な大きさに切ります(茎も一緒に)。
鍋に水、醤油、みりんと生姜の薄切りを煮立て、大根と油揚げを煮ます。
大根が透き通ってきたら、ブロッコリーを入れます。
ブロッコリーが柔らかくなったら出来上がり。

ブロッコリーは火がとおりやすいので、大根を薄く切ればあっという間にできてしまう煮物です。
生姜がいい香り。
体もぽかぽかです。
たまには六本木


久しぶりにきたらすごい人!
へぇぇぇすっかりおのぼりさんです。

今宵は男性の友人の結婚式二次会で六本木へ。
幸せいっぱいの二人を見て、やはり結婚式とはいいものですね。
懐かしい友に会えるのもまた嬉しいです。
10年ぶりの友も。
へぇこういうふうに歳とっていくのねぇ、なんて。

三次会にも繰り出しました。
同じく六本木にある別天地へ。
ナムルもチヂミもキムチも美味しかったはずだけど、おしゃべりに夢中でほとんど食べず。
でもお酒だけはちゃんと飲みました。
今日は韓国料理だからJINRO。
あとマッコリも。

楽しい夜はあっという間に過ぎていきます。
友人に感謝!!
幸せになってね。
5fba268f.jpg
大根といかの煮物


福島の漁港近くで買ってきたという水イカのゲソをおすそわけしてもらいました。
ゲソといったって15cm近くあります。
立派なおみ足です。
焼くよりも煮付けたほうがおいしいよ、ということで早速旬の大根と似てみました。

水、酒、醤油、みりんを煮立てたところにイカを入れてすぐ取り出します。
(固くなってしまうので)
続いて厚めに切った大根をいれて煮ます。
大根が柔らかくなったらイカを戻します。
出来上がり。

うわぁおいしい。
ゲソなのに、ぷりぷりです。
山盛り入って500円だったそう。
こういうところでするお買い物って楽しい。
でも量が多すぎてなかなか買えないのですけど。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。