*All archives* |  *Admin*

2006/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つみ菜のチーズ炒め
つみ菜のチーズ炒め
「つみ菜」とある珍しい野菜を見つけました。
何かの葉を摘んだのかと思ったのですがそうでもないみたい。
香りが強いので、同じく香りの強いチーズといためてみることにします。

つみ菜はざく切りにしてフライパンで炒めます。
塩をして、賽の目に切ったチーズを加えます。
さっと混ぜて火をとめ、器に盛ります。
荒挽き胡椒をふってできあがり。

おいしい!今日もビールにぴったりです。
梅雨の中休みのはずなのに、東京はまるで梅雨があけてしまったようです。
まだ夏本番ではないけれど、夏バテに気をつけなければ。
スポンサーサイト

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

らっきょうと玉ねぎのサラダ
らっきょうのサラダ
暑いです。
暑いのは全く平気なのですが、さすがにさっぱりしたものが食べたくなります。
というわけで今日はこんなサラダにしました。

玉ねぎは薄切りにして水にさらします。
酢漬けらっきょうは適当な大きさに刻みます。
玉ねぎとらっきょうとを和えて器に盛り、鰹節をのせます。
醤油、酢(らっきょうを漬けていたもの)とみりんを混ぜたものをかけてできあがり。

味付けはポン酢でも美味しいと思います。
さっぱりしていてとっても食べやすい。
玉ねぎとらっきょうで体にもよさそうです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

瑞雲書道展
瑞雲
来る7月1日(土)から6日(木)、東京は上野の東京都美術館にて瑞雲公募展が開催されます。
書道展です。

私も出品しています。
作品は「花気随酒鶯歌和人(かき さけにしたがい おうか ひとにわす)」と詠ったものです。

お時間ありましたらぜひお越しください。

テーマ : 習い事
ジャンル : 趣味・実用

カレーじゃが
カレージャが

かわいいじゃが芋を見つけました。
タワシで洗ったら手までこすってしまうぐらいの小ささです。
今日は暑かったので丸のままこんなカレー味にしてみました。

じゃがいもは洗って鍋に入れ、オリーブ油で炒めます。
油がまわったら、水と塩を加えて蓋をして煮ます。
じゃがいもが柔らかくなってきたらカレー粉といんげんを加えます。
さっと混ぜて火をとめてできあがり。

今日もビールによーくあいます。
もちろん干杯!(カンペイ!)

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

もやしの梅胡麻和え
もやし梅
蒸し暑い一日でした。
踊りの稽古にいったら汗びっしょりです。
こんな日はさっぱりしたものがいいなあとこんなものを作ってみました。

もやしは蒸し煮します。
ボールに水気をきったもやしをいれ、刻んだ梅、梅酢(又は酢)、白胡麻で和えます。
できあがり。

さっぱりしていてこれがおいしい!
もやし一袋なんてあっという間に食べられます。
ビールにもぴったりです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

マレーチャン(池袋)
マレーチャン1
高校時代の友人らと久しぶりにゴハン。
いったのはマレーシア料理のお店、マレーチャン
これはマレーシアのビール。

マレーチャン2
サテ。
ピーナッツソースのかかった焼き鳥です。
マレーチャン3
テンペの春巻き。
美味しい。
マレーチャン4
ジャングル豆の炒めもの。
いったいジャングル豆ってどういうものなのでしょう。
ちょっと癖のある味です。
聞きそびれてしまいました。

気のおけない仲間と楽しいひとときです。

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

神楽坂 カド
かど1
久しぶりに神楽坂へ。
新規開拓ということでこんなところへいってきました。
神楽坂駅近くにあるカドです。

かど7
古い家を改装しています。
いいなあこんな家住みたい。

かど2
料理はお決まりコースのみ。
まず谷中しょうが。

かど3
大豆の煮たのと瓜、そらから鴨と葱のおつゆ。
青海苔のかかった大豆が美味しいです。
まねしてみようっと。

かど4
マグロの胡麻和え。

かど5
納豆の揚げ物。
ほのかに納豆の香りが。
私はもっと納豆いっぱいが好きだけど。
かど6
最後に煮物。

これだけ食べてお腹いっぱいになりました。
ゆっくりのんびりくつろげるお店です。
らっきょうの酢漬け
rakkyo
先日塩漬けにしたがらっきょうが、いい味になってきました(実は毎日のように味見していたりします)。
甘酢漬けにしようかと思っていたのですが、この塩味があまりにおいしいのでこのままなくなってしまいそうです。
でもあまり日持ちがよくないように思うので一部は酢漬けにしてみることにしました。

塩漬けらっきょうは一晩水につけて塩抜きします。
酢につけます。
おしまい。

甘酢漬けよりもさっぱりしています。
もうつまみにぴったりです。
1キロつけたのですが、もっと多く漬ければよかったとちょっと後悔。
穴子の冷たいパスタ
穴子のパスタ
昨日の穴子の缶詰でこんなパスタを作ってみました。
穴子丼よりちょっとおしゃれ、でしょうか。

スパゲッティはゆでて冷水にとり、ざるにあげます。
キャベツは茹でて冷まします。
ボールにスパゲッティとキャベツを入れて、塩、胡椒、オリーブ油で和え、さらに穴子を加えます。
できあがり。

これ、おいしい!
よく冷えた白ワインにぴったり。
今年の夏のパスタはこれに決まりです。
海鰻(あなご)缶
あなご
先日お寿司屋さんで穴子を食べました。
久しぶりに食べたらおいしい。
そう、私穴子が好きだったんです。ウナギよりも好き。
穴子はこれからが旬。
おいしい穴子が食べられるお店はないかしらと探していたらこんなものを見つけました。

見つけたのは宮城県のアンテナショップ。
石巻市の金華山沖でとれる穴子はとても有名です。
って食べたことないですけど。
お店を見つける前にとりあえずこれで間に合わせることにします。

ちなみに穴子は「海鰻(うみうなぎ)」とも書き、俳句では夏の季語になっています。
江戸前の穴子もいいし、明石や宮島産も有名。
知多半島の先の篠島辺りもよい漁場です。
さて、どこへ食べにいきましょう。
納豆アスパラ炒め
納豆アスパラ
あつーい。
東京は真夏のような暑さでした。
こんな日はスタミナつけなきゃというわけで、納豆です。
旬のアスパラガスと炒めると納豆臭さも消えて、とっても食べやすくなります。

アスパラガスは適当な長さに切って茹でます。
フライパンにオリーブ油を熱して、納豆を炒めます。
納豆がほぐれてきたら続いてアスパラガスを入れて炒めます。
醤油をまわしかけてできあがり。

このアスパラ納豆、以前はバターでいためていたのですが、最近バターはちょっと苦手(歳のせい?)。
なので、今回はオリーブ油で作りました。
さらっとした味になります。
もちろんバターも美味しいです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

にんじん葉のお焼き
人参おやき

ほとんどの人が人参を買うと「いらないから切ってください」と葉は置いていってしまうそうです。
美味しいのにねぇ。
こんな一品はいかがでしょう。

ボールに刻んだ人参葉、小麦粉、水、白胡麻、塩少々をいれて混ぜ、お好み焼きぐらいの加減にします。
フライパンに胡麻油をしいて、両面焼きます。
できあがり。

醤油やマヨネーズをつけて食べると、おつまみにもおやつにもぴったり。
青々とした人参の葉はビタミンAたっぷりです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

車麩と玉ねぎの煮物
煮物
東京は一日よく雨が降りました。
どこもかしこもジメジメしていて、なんだか頭の中まで湿っちゃいそうです。
乾物を早く使い切ってしまおうと思い、今日はこんな煮物です。

車麩は戻してから半分に切ります。
鍋に、しぼった車麩と切った玉ねぎをいれ、酒、醤油、みりんを加えて煮ます。
玉ねぎがくたっとしてきたらいんげんを加えて、蓋をして火をとめます。
できあがり。

本当はいんげんは別に茹でたほうが色がきれいに仕上がるんです。
でも家で食べるものだから手抜きです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

藤娘
ume3
友人で日本舞踊家の花柳暦さんが賛助出演するというので、見に行ってきました。
演目は「藤娘」。
大津絵の中の女性を舞踊化したものです。
暦さんは、鎌倉の鶴岡八幡宮の舞殿で「静の舞」を踊ったほどのの踊りの名手です。

で、こんなかわいいお菓子をいただきました。
藤娘をあしらった和菓子です。
左側が「藤」の花、右側が藤娘のかぶる笠になっています。
わぁ食べるのもったいないくらい。

でも食べちゃいました。
とっても美味しかったです。
これにあやかって私も上手になりたい。

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

ル ジャルダン ゴロワ(東中野)
ロゴワ
東中野の商店街(なんとかギンザ)をぷらぷら散歩していたら、こんな洒落たお店を見つけました。
Le Jardin Gaulois(ル・ジャルダン・ゴロワ)、フランス料理の惣菜の店です。
キッシュやテリーヌ、サラダ、ケーキなどが売っています。

ロゴワ2

で、買ってきたのがキッシュです。
何種類かありました。
うーん、好みでいえばもう少し塩気があってほしいです。
ちょっとぼやっとした味。
他の惣菜はどうなのでしょう。
試してみます。

値段は惣菜屋にしてはややお高め。
今日はがんばったぞーというときに、家でワインをあけながらなんてよさそうです。

テーマ : おいしい店紹介
ジャンル : グルメ

梅干
ume

6月は大忙しです。
らっきょうは漬けなければいけないし、梅雨に入るから乾物には気をつけなければいけないし、梅干も漬けなければなりません。
今年の青梅が愛知から送られてきました。
なんと4キロも。
とってもいい梅です。

というわけで半分は梅干にしました。
一晩ひやかして、よく拭き、塩に漬けます。
しょっぱい梅干です。

ume2

残りは今年は梅酒は漬けず、梅サワーとシロップ漬けにしてみました。
梅サワーは、梅1キロ、酢900CC、氷砂糖500グラム~1キロぐらいを漬けます。
シロップ漬けは梅1キロ、氷砂糖500グラム~1キロ、ホワイトリカー少々です。
水で薄めてのんだり、お酒でわって飲んだり。
楽しみです。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

新じゃがいものカレー炒め
じゃがいも
東京は今日も曇り。
湿気が多くて大変です。
こんな天気のときは傷みやすいもの。
生姜を早く使い切ります。

じゃがいもは洗って皮付きのまま硬めに茹でます。
フライパンにオリーブ油を熱して、みじん切りの生姜を入れます。
香りがでたら茹でたじゃがいもを入れて炒めます。
塩とカレー粉をふってできあがり。

美味しい!
ビールにぴったり。
これからますますビールが美味しい季節です。

テーマ : 酒の肴
ジャンル : グルメ

もやしの生姜和え
もやし
生姜っていつのまにかカビさせてしまうってことが多いんです。
にもかかわらずないと寂しい。
今回こそ使いきるぞ、と生姜をたっぷり使った酒肴です。

もやしは蒸します。
ボールに、おろし生姜、酢、胡麻油、塩、白胡麻を入れ、水気を切ったもやしと和えます。
できあがり。

香りの強い生姜ですが、全然味の邪魔にならず美味しい。
ごはんのおかずにもぴったりです。
寺守ねこ
ねこ1
きょろきょろしながら町歩きをするのが好きです。
ここは中野付近の早稲田通りに面したとあるお寺。
本堂の横に猫発見。

ねこ2
ズームでもちょっと遠い。
近づいてみました。

ねこ3
もうちょっと。
でも全然動じません。
さすがお寺の猫です。
アボカドといんげんの胡麻醤油和え
アボカドといんげん
昨日は真夏のように暑かったのに、今日は一転して寒いぐらいの陽気となりました。
雨、ほんとよく降ります。
夕方近所のスーパーへ買い物にいったら小さいアボカドが出ていました。
熟れていたので早速使います。

いんげんは茹でて3,4センチに切ります。
ボールにいんげんと一口大に切ったアボカドをいれ、醤油と白胡麻をふって和えます。
できあがり。

美味しい!
アボカドのねっとりした感じといんげんとがよくあいます。
おすすめです。
キャベツと新じゃがのパスタ
キャベツパスタ
お土産にフランスの塩をもらったので、たまには洋風料理をと、こんなパスタを作ってみました。
鍋一つでできる簡単パスタです。

鍋に湯をわかし、塩をいれてパスタをいれて茹でます。
続いて新じゃがいも(皮付きのまま)を入れます。
茹で上がるころに、切ったキャベツをさらに加えて、ざるにあげます。
器に盛り、オリーブ油、塩、胡椒をふってできあがり。

とっても簡単ですが、美味しいです。
これにアンチョビやツナを加えてもよさそう。
三味線の舞台も無事終了。
ほっとして今宵はいっそうのんびり楽しみます。
日の基(有楽町ガード下)
hinomoto1
いっぺんガード下で飲んでみたいよね~というわけで、行ってきました。
JR有楽町駅日比谷口を出てちょっといったところにある日の基です。
隣にある「新日の基」は娘婿さんが経営しているそうです。
なんでも娘婿さん、イギリスの方とか。

hinomoto7
壁にずらっと書かれた品書きに目移りしてしまいます。
あれも食べたいこれも食べたいと思いつつ刺身盛り合わせ。

hinomoto2
肉豆腐。
店内はガード下のせいで天井も低く、もう大衆居酒屋度いっぱい。

hinomoto5
エリンギバター炒め。
7時半ぐらいに入ったのですが、出るまでお客さんでいっぱいでした。
遅い時間には若い女性も結構いました。

hinomoto3
もつ煮。
しぶ~いものばかりです。
まだまだたくさん食べました。

これだけ飲んで食べてえーというお値段。
こんなお店もときにはいいものです。
ズッキーニの醤油煮
ズッキーニ
ズッキーニが出回ってきました。
この野菜、洒落た名前のためかいつもオリーブ油でラタトイユ、など洋風料理に登場することが多いようです。
そこでこんな和風素材で調理してみました。

ズッキーニは輪切りに、しめじは石づきをとって小房にわけます。
鍋にズッキーニとしめじを入れて、醤油、酢、胡麻油を入れて蓋をして蒸し煮します。
ズッキーニに火がとおったらできあがり。

ズッキーニと醤油、とってもよくあいます。
ご飯にもぴったりの酒肴になりました。
稲田屋(新宿西口)
稲田屋
今宵は新宿へ。
ここ1年ぐらいでようやく地理を覚えてきました。

稲田屋2
新宿西口を出てすぐのところにある稲田屋(いなたや)
鳥取県の酒蔵「稲田本店」が直営しているお店です。
まだ週の半ばですがとっても賑わっています。
会社帰りの人がいっぱいで、若者はあまりいないです。

稲田屋4
というわけでお勧めの三種飲み比べ。

稲田屋3
おつまみもいろいろ。
やはり山陰地方のものが結構ありました。
これは鮭のハラスというかカマというか。
おいしかったです。
ちなみに魚は皮が好き。

気軽に来られるお店だと思います。
らっきょう漬け
らっきょ
ちょうど昨日
「らっきょうはまだ?」
「このまえ一度出たんだけどねぇ。そろそろまた出るよ。今年は遅いみたいだ」
と八百屋のおじさんと交わしたところ。
今日前を通ったら出ていました。やった!
早速家に帰って下ごしらえ開始です。

らっきょうはきれいに洗って、上下を切り落とします。
水気を切ってから1割強ぐらいの量の塩をまぶします。
容器にいれ、このまま2週間ほどつけます。

2週間後に半分は甘酢漬けに、残りはこのまま塩漬けにするつもりです。
らっきょうは足がはやいので、すぐやらなきゃ!とがんばりましたが、さすがに台所に立ちんぼ、くたびれました。
美味しく漬かるといいなあとこれから楽しみです。
新じゃがと春キャベツの味噌汁
misoshiru
気持ちのよい一日でした。
でも動くと暑い、踊りの稽古では汗だくです。
そのせいかしょっぱい味噌汁が飲みたくなりました。

じゃがいもはたわしで洗います。
鍋に、水と昆布をいれて火にかけ、洗ったじゃがいもをそのまま入れます(大きい場合は切って)。
沸騰してじゃがいもが少し柔らかくなったら、ちぎったキャベツと刻んだ油揚げを加えます。
最後に味噌を加えてできあがり。

具だくさんにするとこれだけで、十分一品になります。
私は、これを肴にお酒を飲むのも好きです。
葱揚げ
葱あげ
今日は今週末にある三味線の会の下浚い。
大勢で弾くというのは楽しくてわくわくします。
でもやっぱり緊張しました。
というわけで今日も簡単料理です。

葱は小口切りに、油揚げは刻みます。
フライパンに葱と油揚げを入れて炒めます(油はなし)。
葱がしんなりして、少し焦げ目がついたら器に盛ります。
醤油と七味唐辛子をふってできあがり。

すごーく簡単なのに、これとっても美味しいです。
ビールに日本酒にぴったり。
今日も一日幸せ幸せ。
赤鬼(三軒茶屋)
赤鬼
美味しいものがあるときけば、どこまでも足を延ばします。
今宵は三軒茶屋の名店、赤鬼へ出かけました。
とっても分かりにくい路地にあるのに、お店は満員。
予約のないお客さんは断られていました。

ここは日本酒が名物。
飲みたいなというお酒がずらりと並んでいます。
今日はまずは小左衛門に挑戦。
で、あと何飲んだのでしたっけ。

お料理も美味しかったです。
居酒屋なのに味が濃くないです。
店員さんもみんなパキパキして気持ちがよいです。
またこようっと。
切干大根とカニかまのさっぱり和え
切干大根
蒸し暑い一日でした。
こんな日はさっぱりしたものが食べたくなります(ついでにビールも飲みたくなります)
というわけで今日はこんなさっぱり和えです。

切干大根は戻します。
醤油、酢、ラー油で切干大根とカニかまぼこを和えます。
できあがり。

切干大根を戻す時間を除けば、ものの1分でできてしまう超簡単手抜き料理です。
ポリポリとした歯応えもいいものです。
ビールにぴったりです。
うな鐡(池袋)
unatetsu

池袋は「不毛の地」のようにいわれることが多くありますが、こんな店もあります。
うな鐵(うなてつ)です。
池袋が本店です。

すごーく古いお店みたいです。
1階は男の人ばかり。
この雰囲気も大好きなのですが、なぜかお店の人には強く2階を勧められました(1階は女人禁制?)。
で、上がってみるとこれが1階とは大違いでとってもおしゃれ。
女性だけでも入れる雰囲気です。

うなぎ専門店ですが、お値段も手ごろにつまみがたくさんあります。
ワインもありました。
気が置けない仲間と飲むのにぴったりです。
デートにもいいかも。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。