*All archives* |  *Admin*

2006/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦あれこれ
2006年、蕎麦屋もあちこち行きました。

一番よく行ったのは日本橋の室町砂場
緊張を強いられる蕎麦屋がありますが、ここはそんなことありません。
自分のペースで飲んでいられます。

コロッケそばも食べました。
銀座のそば所よし田です。
コロッケというより、つくねという感じです。

もう一つ日本橋の元禄
つまみが色々あって楽しいです。
店主が日本酒にこだわっています。

秩父の蕎麦屋もいきました。
みやび庵
もう少し、店の雰囲気が洒落ているといいです。

千川の蕎麦屋も。
一久です。
ここはお気に入り。
もう少し駅から近いと行きやすいのですが。

さて、そろそろ年越し蕎麦です。
スポンサーサイト
おでんあれこれ
おでん本
先日行ったおでん博覧会にて、こんな本を買ってきました。
改めて、おでんは郷土色豊かな料理だなあと思います。
今や一年中食べられますが、やっぱりおでんは冬が一番。
おでんと熱燗、最高です。

ここ最近行ったおでん屋は、銀座よしひろやす幸
どちらも銀座です。

銀座よしひろは、野菜が主体のおでん屋さん。
銀座一丁目の路地に面した2階にあります。
美味しくて、洒落ていて、いいお店。
自分でも選べるし、お任せもできます。
ただ、野菜ばかりなので、ちょっとおでんの雑多な味を楽しむぞーというときはちょっと不向きです。
デートに向きそうなお店。

やす幸はまったく正反対、ガヤガヤしたおでん屋らしい雰囲気。
はんぺん、大根、こんにゃくなどなど、好きなものを選びます。
蛸や青菜もおいしかったです。
また、ここの熱燗がとーっても美味しいんです。
熱燗だけ飲みにいきたいくらい。

おでんの味はいろいろですけど、どれもそれぞれ個性があって、美味しいです。
きど新(淡路町)
きどしん
2006年、ここもとっても美味しかったお店です。
淡路町にあるきど新
富山の郷土料理です。
これはスズキ(だったかな)の炙ったのと、カワハギのとも和え。
こんな分厚いカワハギは初めて。

きどしん2
つまみ三種。

きどしん3
かま焼き。
あれ、この魚はなんでしたっけ。

きどしん4
巾着コロッケ。
なかにカレー味のじゃが芋が入っています。
とっても美味しい。

きどしん5
水だこの天ぷら。

きどしん6
鱒寿司。
初めに注文しておかないとなくなってしまう人気メニューだそうです。

きどしん7
カウンターの前の瓶。
飲んだのは新政の燗でした。
ブリック(中野)
ブリック

今年もいろいろなお店にいきました。
いいなあと思うお店は、店内が清潔、料理が美味しいなどはもちろんのこと、居心地のよさにあるように思います。

店員が頑張りすぎている店は、疲れます。
客に気がつかないのは論外ですが、こちらの気持ちを読んでくれないのも困ります。
特にカウンターなどにすわったときは、そのときどきによって、話相手になってくれたり、放っておいてくれたり。
わがままな客です。

ここは、JR中野駅にあるブリック。
老舗のバーです。
この夜は店員さんの一人と色々おしゃべりしました。
落ち着いた話口調で、でも楽しい。
勉強中だそうで、年齢を聞くとまだ23歳とのこと。
夢のある人は素敵です。
今日も臨時休業
都心光景

します。
臨時休業
都心光景
年末バタバタにつき、お休みします。
おでん風煮物
20061225232900
なんだか忙しいです。
文字通り、心を亡くしている感じ。
いけません。
こんな日はのんびりおでんです。

鍋に水と昆布をいれ、大根、こんにゃく、さつま揚げを入れ、醤油、みりん、酒を加えて煮ます。
途中しめじを加えます。
大根に火がとおったらできあがり。

おでんよりもちょっと薄味です。
芥子をつけて、いただきます。


レシピブログに参加しています
もち巾着とキャベツ煮
20061224235141
今日はクリスマスイブ。
夕方街に出たら、どこもかしこも人でいっぱい、肉屋の前には骨付き鶏肉が並び、ケーキ屋の前は行列しています。
でも、生来のあまのじゃく、こんな日はもちろん和食です。
既製のもち巾着で、こんな簡単煮物です。

キャベツは洗って適当な大きさに切ります。
鍋に、水、昆布、酒、醤油、みりんを煮立たせ、キャベツともち巾着を入れて煮ます。
キャベツがくたっとなったらできあがり。

新橋駅前のSLには、サンタクロースが乗っていました。
20061225232704.jpg


レシピブログに参加しています
元禄忠臣蔵第3部
元禄忠臣蔵第3部
国立劇場で10、11、12月と三ヶ月続いた「元禄忠臣蔵」。
ついに今日で最後です。
チケットとるのが大変でした。
発売初日に電話をかけても全くつながらず、午後にやっとつながったと思ったら、ほとんど席がありません。
すごい人気です。

内蔵助は松本幸四郎さん。
お芝居なのに、うるっときてしまいます。
やはり忠臣蔵の話は日本人の心を揺さぶるのでしょうか。

二月は歌舞伎座で今度は仮名手本忠臣蔵だそうです。
こちらも観たいです。
柚子だいこん(冬至)
20061222233559
今日は冬至です。
買い忘れていたかぼちゃを買おうと帰り道、八百屋によったらすべて売り切れ。
なので、今日は柚子料理です。

大根は短冊に切ります。
塩をふって、柚子の絞り汁と切った柚子の皮と和えてしばらくおきます。
できあがり。

お風呂は柚子湯です。
これで、今冬も風邪ひかずに切り抜けられるでしょう!
大豆ごはん
20061221215312
どんより曇った一日でした。
こんな時期、体調を崩しがちです。
ちょっと具合が悪いと、ビタミンCやエキナセアといったサプリメントを飲むのですが、やっぱり普段の食事が一番大切だなあと思います。

研いだお米に、ゆでた大豆を加えます。
(水は若干多めに)
塩少々を加えて、普通に炊きます。
できあがり。

これに野菜たっぷりの味噌汁があれば大丈夫。
やっぱり健康なのがなによりです。
早寝しなきゃ。これがなかなかできないのですけど。


レシピブログに参加しています
冬のおやつ-干しいも
20061220233426
ここ2日間、朝、道端にネクタイが落ちているのを見かけます。
あとで締めようとして、ポケットに入れておいたのを落としてしまったのかしら。それとも酔っ払って、無意識に外して落としたのかしらん、とあれこれ想像しています。

と、忘年会のシーズンですが、なぜか今年はバタバタであんまり忘年会に参加していません。
今日も夜が遅くなって、こんなものをつまんでいます。
でも大好きです。
ちょっとあぶってバターをつけるのも美味しいです。
じゃがいも&レーズンサラダ
20061220001631
くたびれると甘いものが食べたくなりませんか。
今日がそんな日。
寒いし、歩いたし、「はー、えら」という感じです。
(エライとは名古屋弁で、くたびれたという意味です。)
レーズンで糖分補給します。

じゃがいもは茹でて軽くつぶします。
レーズンとあわせ、オリーブ油、酢、塩、胡椒と和えます。
できあがり。

ワインにぴったりの酒肴になりました。
これで明日も元気のはずです。

レシピブログに参加しています
ねぎとはんぺんのおかか和え
ねぎとはんぺん
夜中から風が出てきて、今日はとっても寒い一日となりました。
寒いのは好きですが、月曜日からこの寒さもなかなかつらいです。
街路樹の銀杏の木の葉も、すっかり落ちていました。
たっぷりの葱を食べて風邪をひかないようにします。

葱はぶつ切りにして、蒸します(電子レンジでもいいです)。
はんぺんは一口大に切ります。
葱とはんぺんをあわせて器に盛り、おかか、醤油、胡麻油をかけます。
できあがり。

葱とはんぺんに鰹節がよくあいます。
東京に出てきた頃は苦手だった白はんぺん、今では好物になりました。

レシピブログに参加しています
本日臨時休業
いちょう

少し前の練馬の光が丘公園です。
FERREROのラファエロとウイスキー
20061216222048
ウィスキーのおつまみにチョコは定番ですが、ちょっとチョコレートでは重いなあというときがあります。
そんなときにお勧めがこれ、FERRERO(フェレロ)社のラファエロ。
アーモンド、その周りにココナッツミルククリーム、ウエハースさらにココナッツをまぶしてあります。
軽い甘さで、いくつでも食べられてしまいます。

気をつけないと。


なめこ炒め
なめこ炒め
今宵は踊りの稽古です。
ものすごく汗をかくので、終わるとビールがとーっても飲みたくなります。
珍しく株採りのなめこがあったので、これでビールによく合う炒めものにすることにしました。

なめこは、石づきをとってほぐします。
葱は斜め切りに、油揚げは短冊に切ります。
フライパンに胡麻油を熱して、なめこ、葱、油揚げを入れて炒めます。
醤油と酒をふって出来上がり。

株採りのなめこは歯応えがあってとても美味しいです。
醤油味がぴったり。
ビールがすすみました。


レシピブログに参加しています
上海湯包小館(有楽町)
20061214221909
夕方から雨となりました。
傘を持って出なかったのであちゃーと恨めしく空を眺めています。
でも、傘は吟味して買いたいのです。
駅近くでゴハンとすることにしました。

入ったのは、有楽町の西銀座デパート2階にある上海湯包小館シャンハイタンパオショウカン
なんとなく点心が食べたい気分だったんです。
入りやすくて雰囲気はなかなかです。

点心1

これはキュウリと大根のピリ辛和え。
食べかけですいません。

点心2
点心いろいろ。
このほか焼きそばを食べました。

窓際の席に案内してもらえたのですが、下を見ると雨なのに大行列の人、人、人。
そういえば下は宝くじ売り場。
西銀座デパートチャンスセンターといえば、日本で一番年末ジャンボの一等賞が出ると言うので有名です。
師走ももう半分です。
ロートンヌ(秋津)
お酒はもちろん好きですが、甘いものも大好きです。
一番好きなものは餡子とチョコレート。嫌いなものはありません。

JR武蔵野線新秋津駅と西武池袋線秋津駅との間にロートンヌという、とっても美味しいケーキ屋さんがあると聞きました。
実は、時々秋津には用事があって、このケーキ屋の前を通っていたのです。
庶民的な雰囲気の秋津駅界隈で、ポツンと浮いているお洒落なお店。
いつもお客さんが入っているので気になっていました。
インターネットでたまたま知ったのですが、実はずいぶんと有名な店のよう。

ホームページを斜め読みして、喜び勇んで出かけたらなんと水曜は定休日。
相変わらずのおっちょこちょいです。
寒くて悲しくて、新秋津駅のJuicer Barでコーンスープを飲みました。
おいしかったです。
soup

手羽先と大根の醤油煮
20061212214506
今日は昼間に雨が降ったりして、冷え込んだ一日となりました。
今宵はまたもや大根で、あったかい煮物です。

大根は厚めに切ります。
鍋に手羽先と大根を入れ、水、醤油、酒を入れて煮ます。
大根が柔らかくなったらできあがり。

醤油と酒だけの味付けですが、鶏肉からいい出汁が出てとってもおいしくなります。
好みで生姜をいれてもよさそう。
手羽先のコラーゲンのおかげで、明日はお肌もツルツル、のはずです。


レシピブログに参加しています

大根梅和え
20061212002626
珍しくお昼に銀座でランチしました。
路地裏の地下に入った蕎麦屋です。
銀座は知らない店がたくさんあります。
たまにはこんな日も華やかで楽しいです。

大根は薄くいちょう切りにして、塩をします。
30分ぐらいおいたら、たたいた梅干と和えます。
できあがり。

夜は簡単にさっぱりと。
師走の銀座は寒くて、でも賑やかで、どこかワクワクしてきます。
また行きたくなりました。


レシピブログに参加しています

水菜の炒めもの
20061210185717
水菜、別名「京菜」ともいいます。
京野菜の一つで、今が旬。
漬物や鍋物にすることが多いようですが、こんな炒め物もとてもおいしいです。

水菜は洗って、ざく切りにします。
フライパンにごま油をしいて、強火で炒めます。
しなっとなったら、塩をふり、香り付けにごま油をさっとまわしかけてできあがり。

以前住んでいたところの大家さんに畑の野菜を分けていただいたのですが、この水菜もよくいただきました。
八百屋で売っているのはそんなに大きくないですが、大株の水菜はまるで白菜のようです。
ご当地おでん
おでん博覧会
池袋はサンシャイン60にあるナムコナンジャタウンで、おでん博覧会なるものがあるというので出かけてきました。
北海道から沖縄まで、日本各地のものが今やどこでも食べられるようになりましたが、おでんはまだまだ地方色が残っている食べ物ではないでしょうか。
かくいう私も、名古屋から東京に出てきて初めて目にしたのが、はんぺんとちくわぶ。
あの白い四角い物体に、これ食べもの???と驚愕しました。

さて、そのおでん博覧会、北海道から南は沖縄まで、各地のご当地おでんが屋台で並んでいます。
食材や味付けが地方でいろいろなのですね。
面白いです。
20061209202715
パックや缶詰めに入ったおでんもあったので、買ってみました。
小田原、静岡、名古屋のおでんです。
食べるのが楽しみ。

余談ですが、ナムコナンジャタウンってどういうところか全く知らず、行きました。
とてもとても付いて行けるところではなく、非常に疲れました。
厚揚げと大根葉ふりかけの炒めもの
20061208211605
いつも葉付きの大根を買うので、大根のふりかけは毎週のように作っています。
胡麻をいれたり、おかかをいれたり、具はそのときどきでいろいろです。
そのまま酒肴にしたり、温かいご飯と混ぜたり。
今日は生姜風味のふりかけと厚揚げとを炒めてみました。

大根葉は細かく切って、生姜とおかかを加えて炒め、塩で味付けます。
厚揚げは油抜きして、一口大に切って炒めます。
大根葉を加えて、醤油をふってできあがり。

生姜の香りとよくあいます。
夜になって、昼よりも暖かくなったようです。
明日は雨みたいです。
じゃがいもとほうれん草のツナ和え
20061208094909
天気予報は外れて、今日も寒い一日でした。
でも寒がりなのに、寒いのは大好き。
1月生まれのせいでしょうか。
寒くなると、ほうれん草が甘くてとても美味しいです。

切ったじゃがいもとほうれん草はそれぞれ茹でておきます。
ボールに、じゃがいも、切ったほうれん草、ツナを入れ、醤油を加えて混ぜます。
できあがり。

いつもながらに簡単ですけど、これもとっても美味しいです。
じゃがいもは、茹でるというより水を少なめにして蒸かすようにすると、ほこほこと美味しく仕上がるように思います。
大根一夜漬け
20061206224030
韓国の竹塩が近所のスーパーで売っていたので、買ってみました。
竹の中に塩を詰めて焼き(竹は灰になるので取り除く)、それを砕いたものらしいです。
灰色がかっていて、サラサラの塩です。
この塩を使って、こんな一夜漬けにしてみました。

大根は拍子に切ります。
塩をまぶして、冷蔵庫で一晩おきます。
食べる前に醤油にひたしてできあがり。

塩のしょっぱさがなくて、やわらかい感じです。
ポリポリと美味しく食べられました。
調べると、竹塩にはいろいろ効能もあるそう。
試してみます。
焼きがんも
20061205222518
近所の豆腐屋さん、夕方にいくとほとんど売り切れなのですが、今日は珍しくがんもどきが残っていました。
どう料理しようと迷ったのですが、まん丸をじっくり味わうことにしました。
今日は満月ですし。

がんもどきはフライパンで弱火でじっくり焼きます。
中まで温まったら、放射状に切り、大根おろしとすりおろし生姜をのせます。
醤油をかけてできあがり。

豆腐やがんもはいろいろ高いものも買いましたが、やはりお新鮮なものが一番おいしいです。
町の豆腐屋さんがだんだんと少なくなっていますが、なんとか残っていってほしいものだと思います。
高野豆腐と葱の煮物
20061204224857
昼間寒かったせいか、夜の空がとてもきれいです。
月はすこうし欠けています。
明日は満月だそうです。

高野豆腐は戻します。
葱やぶつ切りにして、焼きます。
鍋に、高野豆腐と葱とをいれ、水、塩、みりんを入れて煮ます。
火をとめ、高野豆腐がふっくらしたらできあがり。

白く仕上げたかったので、塩とみりんだけで仕上げました。
高野豆腐は戻すとき、水を何度か替えると濁りなくきれいに仕上がります。
ブロッコリーとえのき茸の黒胡麻和え
ブロッコリー
冬将軍到来
今日はまさにそんな一日でした。
体温調節が下手らしく、寒さに慣れるまでが一苦労です。
黒胡麻や生姜などで、体の中からも温めることにします。

鍋にブロッコリーを入れて茹でます。
途中、えのき茸も一緒に加えて茹で上げます。
すり鉢で、黒胡麻をすり、そこに醤油と黒砂糖少々を加えます。
ブロッコリーとえのき茸を和えてできあがり。

今日はこれに生姜入りのお味噌汁などなど。
ぽかぽかに温まりました。
風邪には気をつけたいものです。
きのこの甘辛煮
20061203001141
今日は書道の稽古の日。
本年最後の稽古です。
「よいお年を・・・」とご挨拶を交わし、ああもうそんな時期なんだなあとしみじみです。

舞茸としめじは、石づきをとってほぐして鍋にいれます。
醤油、みりん、酒を加えて煮立てます。
(ここで昨日の残りのなめこの煮たのを加えました)
火がとおったら、火をとめ、七味唐辛子を加えて混ぜます。
できあがり。

きのこはお好みで。
ぴりっと辛くて、温かいご飯にもぴったりです。
書道では年賀状の練習をしました。
さて、これから取り掛からなければ。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。