*All archives* |  *Admin*

2007/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロッコリーと厚揚げの生姜醤油和え
20070531194847
昼間は天気がよかったのに、宵の口に大雨。
雷もなって大変な天気でした。
こんな日は早く帰って、家でのんびりします。

厚揚げは油抜きし、ブロッコリーはゆでます。
胡麻をすって、醤油、みりん少々とすりおろした生姜を入れて混ぜます。
厚揚げとブロッコリーを和えます。
できあがり。

ブロッコリーは茎も美味しい。
外はまだ雨です。

スポンサーサイト
邦楽清韻会のお知らせ
毎年恒例の邦楽清韻会にて、今年も栄敏郎社中で演奏します。
長唄、端唄、琵琶、落語、筝曲、小唄、常磐津と盛りだくさんです。

第19回邦楽清韻会
6月2日(土) 11時開演
国立劇場 小劇場

1 長唄 鶴亀
2 端唄
3 琵琶 川中島
4 落語 真田小僧
5 筝曲 奉祝合奏曲
6 筝曲 
7 長唄 俄獅子 ←ここで出番です。
8 琵琶 湖水乗切
9 常磐津
まだまだ続く。


茹で豚レバー
20070528233306
ここのところの激しい気温の変化に体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。
こんなときこそ、栄養のある美味しいものを食べて力をつけたいもの。
おいしいレバーの食べ方を教えてもらいました。

豚レバーの塊を、山椒の実をいれた湯で茹でます。
茹で上がったら、一口大に切ります。
白髪葱をそえます。
好みで塩をつけてできあがり。

山椒のおかげで、レバーのくさみが全くありません。
葱と一緒に食べるととても美味しい。
簡単でおいしくて、疲れも吹き飛びます。
オススメです。
パリの朝市(池袋)
珍しく洋食を食べました。
今日は先週日曜日にあった梢会(日本舞踊の会)の打ち上げでした。
池袋東武の上にあるパリの朝市です。


これはウニのムース。
シャンパンが進みます。
20070528001108.jpg
魚料理。

フルコースをいただいたのですが、重たくなく、どれも美味しかったです。
白ワインが美味しかった!
なまこ屋(神田)

「端唄を聞ける会があるらしいよ」と誘われて出かけてきました。
場所は神田西口商店街にあるなまこ屋です。
老舗の店だそうで、ビルの中ですが入り口もしゃれています。

お店の中はカウンターと板の間のお座敷です。
この日は藤柳勘秀さんという端唄のお師匠さんが、食事の合間に唄ってくれました。
端唄とは、江戸時代後期に唄われた流行歌。
おなじみ「奴さん」や「かっぽれ」もこの端唄です。

お食事はこんな感じ。
20070528000948.jpg

20070528001003.jpg

ちんとんしゃん、と三味線と唄を聴きながら食べるなんて、なんとも粋なもの。
次は私も飛び入り参加して唄う予定です!
いろいろ豆サラダ

食べ物の中で何が好き?と聞かれたら「芋!豆!」と即答します。
この時期、いろいろな豆が出ていて嬉しいです。
その色々な豆を使ってサラダです。

蚕豆、スナップえんどう、絹さやなど好みの豆を茹でます。
じゃがいもは切って茹で、ベーコンは炒めます。
新玉ねぎは薄く切ります。
全部あわせて、オリーブ油、塩、胡椒、酢で和えます。
できあがり。

ビールにぴったり!
暑いので最近は6缶パックがすぐになくなります。。。

ミョウガご飯
ミョウガごはん
すっかり初夏の陽気となりました。
暑いですね。
こんな日はさっぱりしたものが食べたくなります。
旬のみょうがでこんなご飯です。

ご飯はちょっと塩を入れて普通に炊きます。
炊き上がったら、刻んだ梅干とみょうが、胡麻を混ぜます。
できあがり。

さっぱりしていて美味しい。
食欲がないときでも、食べられそうです。
青じそやちりめんじゃこを入れても美味しいです。

春雨とキクラゲの山椒炒め
20070522222513



梢会終わりました!2
20070523094356.jpg
越後獅子は、花道の出から始まります。
最初は獅子をかぶり、太鼓をつけ、草履を履いています。
これは花道から舞台へ出たところ。
花道から舞台へ出たところで、草履と手甲は途中でとります。
20070523094410.jpg
続いて、太鼓や獅子もとり、手踊りです。
きれいな色の着物です。
自分ではとても本番でどんな着物だとか、どんな舞台背景だとかを見ている余裕がないので、後でこんなふうだったんだーとわかります。
20070523094423.jpg
途中で肌脱ぎをし、中の赤い襦袢となります。
これは、最後の晒をふる場面。
腕にはたすきをかけています。

見に来てくださった方々、本当にありがとうございました。
梢会終わりました!

三年に一回の大舞台が無事終了しました。
これは出の花道でのところです。
20070522105008.jpg
1時ごろの出番だったのですが、着替えなどは11時ごろには始まります。
浴衣に着替えてこれは、化粧中。
背中も腕も足も真っ白に塗って、そのあと色をつけていきます。
20070522105118.jpg
衣裳をつけて、かつらをかぶり、さらに頭に獅子をのせて完成。
梢会ご案内
0705162.jpg
梢会についてご案内します。

平成19年5月20日(日)
 午前11時30分開場
 午後12時 開演
 場所 霞ヶ関イイノホール


主催 坂東梢
補導 坂東三津加

【番組】
松の緑・・・上品な素踊りです
玉兎・・・可愛いうさぎさんが団子をついています。
新鹿の子・・・あでやかな踊りです。衣裳もかわり、とてもきれいです。
供奴・・・奴さんが踊ります。面白い踊りです。
越後獅子 ←私です。一時前に出番だと思います。
浦島・・・ご存知、浦島太郎のお話です。
屋敷娘
松廼羽衣
傀儡師
鷺娘
神楽娘
藤娘
俄獅子
三つ面子守
浅妻船
新曲浦島
賤の苧環
山姥
流星
豊後道成寺
お祭り


お時間ありましたら、どうぞお気軽にいらしてください。
白菜浅漬け

いよいよ明日に迫ってまいりました梢会。
とっても楽しみです。
今日は昨日から作っておいたもの、簡単であまりおなかにたまらないものにします。
そんな一品です。

白菜は細切りにして、塩をして一晩おきます。
水気をしぼって、胡麻と醤油をかけてできあがり。

でもお酒は忘れません。
ちょこっと飲んでリラックスして、今日は早寝します。
人参の葉の炒めもの

今日は踊りの最後の稽古日。
一年間よくがんばったと自己満足。
日曜日が楽しみです。

人参の葉は刻みます。
フライパンで油揚げとにんじんの葉を入れて炒めます。
醤油と塩で味付け、最後に胡麻油をふります。
できあがり。

稽古後のビールにぴったり!
あまり緊張しないので、ドキドキというよりワクワクです。
空豆としめじ炒め山椒風味
20070518002544
浴衣完成

やっと今年の浴衣が完成しました。
紺に赤がわずかに入っていて、きりっとしまっていい感じです。
カラフルな浴衣が多い昨今ですが、私はこういう昔ながらの紺や白の浴衣が好きです。

ちなみにこの浴衣の生地もかなり昔のもの。
昔のものは布地の幅が狭くて、一杯一杯に縫っても自分の丈よりやや小さくなってしまいます。
日本人、大きくなっているんですねぇ。
葉たまねぎのぬた

昨日はとっても動いたのに、疲れは全然残っていません。
どうも先日プレゼントしてもらった「低周波治療器」のお陰のよう。
小さい機械なのにとっても気持ちがいいのです。
今日は葉玉ねぎでさらに元気になります。

葉玉ねぎはゆでて、ざく切りにします。
お麩は戻します。
味噌、みりん、酢を混ぜて水気をきった葉玉ねぎとお麩を和えます。
できあがり。

ビールのみのみ、これを食べたら今日もマッサージ。
この姿、誰にも見せられません・・・
浅草見番にて下浚い
20070514135546
いよいよ日本舞踊の舞台もせまってまいりました。
今日は下浚い。リハーサルです。
場所はここ、浅草の見番です。
見番とは、三業組合の事務所、三業とは「料理屋・芸者屋・待合茶屋」です。
つまり、ここは浅草芸者さんたちの管理事務所。
お稽古などをするために舞台もあるのです。
0705142.jpg
その舞台を借りました。

20070516222553

舞台での稽古はこんな感じです。
向かって左手には見えないのですが、鳴り物(太鼓や笛)さんがいます。

面白いものを見つけました。
これは衣裳屋さんの箱。
070514.jpg

「平成中村座 ニューヨーク公演」とあります。
この箱で行ったんですね。


梢会は5月20日(日)12時開演、場所はイイノホールです。
切符はなく、入場無料です。どうぞお気軽におこしください。
ゆば
20070510230456
一転して、今日は寒い一日。
気温が低くて風も強く、傘もさせません。
ヘロヘロになって家路につきました。
なので、今日はこんな既製品です。

これはミツトヨフーズという会社の味付け湯葉。
温めても冷やしても美味しくて、お酒にぴったりなんです。
もちろんご飯のおかずにもばっちり。

070511.jpg
私が食べているのはこれ。
他にもいろいろ種類があるそうです。
残念なのが、お店で手に入らないこと。
どこかで売っていたらいいのになあ。
水菜とさつま揚げのレモンサラダ
20070510213852
今日も暑い一日でした。
でも夜になると冷え込んだりして、まるで砂漠です。
もっと街に緑があるといいのに、といつも思います。
というわけで、今宵はみどりです。

水菜はざく切りにして、塩をしておきます。
さつま揚げは細く切ります。
水気をきった水菜とさつま揚げを合わせ、レモンをかけます。
できあがり。

レモンの絞り汁は、スペインのおみやげ。
こんな素敵な瓶に入っています。
レモンの香水かと思っていました。
070509.jpg

にらときのこ炒め

夏のような暑い一日となりました。
おかげで、出かけた先でコートを忘れてきました。
急に暑くなると疲れやすいもの。
ニラで栄養つけます。

ごま油でエリンギとしめじを、つづいてニラを炒めます。
塩と酒少々をふってできあがり。

ニラはベランダでも結構簡単に育てられるそうです。
やってみようかなあと思案中です。
鰹のづけ焼き

連休3日め、今日も一日暑いぐらいのいい天気です。
新緑もとてもきれい。
「目には青葉 山ほととぎす 初かつお」
というわけで、今日はかつお料理です。

刺身用の鰹を一口大に切り、醤油と酒に数時間から一晩漬けます。
フライパンにオリーブ油を熱して、にんにくを炒めます。
香りが出たらにんにくを取り出し、鰹を入れて焼きます。
薄く切った新たまねぎと合わせてできあがり。

ベランダからみえる夜景がきれいなので、いま椅子を買おうかと思案中です。
ビールが美味しいに違いありません。
角煮

連休後半2日目もいい天気です。
今日は朝から踊りの稽古。
いい汗をかきました。
かなり体力を消耗するので、豚肉で栄養をつけます。

水に生姜の薄切りと葱をいれ、豚のばら肉を茹でます。
茹で汁を全部捨てて、ばら肉を切ります。
水、酒、醤油、みりんでばら肉を煮ます。
できあがり。

芥子をつけて食べると本当に美味しい。
「共食い」なんて言われても、これは大好きです。
ピーマンの胡麻炒め

連休後半一日目、朝からいい天気となりました。
一日、布団を干したり、洗濯したり。
冬物もやっと片付いたところです。

ピーマンは細切りにします。
鍋に胡麻油を入れて、ピーマンを炒めます。
しんなりしたら、酒と醤油を加えてさらに炒めます。
最後に胡麻をふって、できあがり。

今までピーマンの種をとっていたのですが、種がついたままでも美味しい、と聞いてそうすることにしました。
手間も省けるし、ゴミも減るし、一石三鳥です。
わかめとエシャロットのサラダ

雨もあがり、日中は暑い気持ちのいい一日となりました。
こんな日はさっぱりとしたものが欲しくなります。

わかめは戻して、一口大に切ります。
エシャロットは縦に、茹でた筍も切ります。
全部あわせて、ごま油少々、醤油、酢で和えます。
できあがり。

エシャロットがしゃきしゃきして、とても美味しい!
味噌につけて食べることが多いですが、こんなサラダもお勧めです。

焼きがんもの黒酢醤油

近所に毎日、自転車で豆腐を売りに来るおじさんがいます。
荷台に年季の入った木箱をくくりつけ、いつも決まった場所で、豆腐やがんもどき、お揚げを並べてのんびりお客さんを待っています。

がんもどきは熱湯をかけて油抜きしたあと、フライパンで両面焼きます。
放射状に切って、小口切りの葱をのせ、醤油と黒酢をかけます。
できあがり。

おじさんとちょこっとおしゃべりして買うものは、どれもとてもおいしいです。
手をかけずにいただきます。
なんて、こう言うと手抜き料理もバレないかも。

プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。