*All archives* |  *Admin*

2007/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピーマンとなすの味噌炒め

好きな夏野菜はきゅうり、トマト、なす。
でも最近お店で売っているのはトマトやきゅうりは青臭くなくて今ひとつなのです。
なので、なすをよく食べています。

なすとピーマンは適当な大きさに切ります。
フライパンに油をしいて、みじん切りの生姜を炒めます。
香りがでたらなすとピーマンを入れて炒め、火が通ったら味噌とみりんとを加えます。
器にもって、胡麻をふってできあがり。

以前畑を借りてきゅうりやトマトを作っていたのですが、それは本当に美味しかったです。
またやりたい今日このごろです。
スポンサーサイト
豚肉と夏野菜のカレー煮

関東地方は今日も荒れ模様の天気です。
夜この時間になって強い雨が降り出し、蒸しています。
こんな日はカレーで思いっきり汗をかくのがよさそうです。

切ったなすは水に放してあく抜きします。
いんげんは適当な長さに切ります。
厚手の鍋に豚肉となす、いんげんを入れ、水を少々加えて蓋をして蒸し煮します。
火がとおったら、かき混ぜて水分をとばしながらカレー粉と塩をいれて味付けます。
できあがり。

蒸すので油っぽくないし、野菜はたくさん食べられるし、これはお勧め!
ごはんにのせても美味しそうです。
鶏肉とねぎのスープ

午後になって急に空が真っ暗になり、大雨と雷の大変な天気になりました。
やっと関東地方も梅雨明けでしょうか。
蒸し暑さに夏バテしないように、今日はこんなスープです。

沸騰させた湯に鶏肉を入れます。
同時並行でぶつ切りにした葱をフライパンで焼きます。
葱に焦げ目がついたら、鶏肉の入った鍋に加えます。
塩で味付けてできあがり。

たったこれだけのスープですが、鶏肉の出汁がでて美味しい。
鶏肉は手羽元やもも肉などなんでも好みで大丈夫です。
もずくらっきょう

急に暑くなって、空も快晴。
でもまだ関東地方の梅雨はあけていないようです。
こんな暑い日はさっぱりしたものが食べたくなります。

塩らっきょうは黒酢に1日ほどつけておきます。
刻んだらっきょうともずくを和え、三杯酢をかけます。
できあがり。

酢につけたらっきょうはこのままでも美味しい。
日持ちもしてたくさん漬けておくと便利です。
とあるビストロ


20070726002017.jpg

20070726002047.jpg

西麻布の、とあるフレンチのお店。
雰囲気もよくて、とっても美味しくて、お値段も手ごろですごーく素敵。
これはまた行かなきゃ!

でもお店の名前を忘れました・・・
食用菊のおひたし

久しぶりの青空です。
やっぱり夏はこうでなきゃ。
今宵の酒肴もあわせて、こんな元気色になりました。

食用菊は花びらだけをとって、酢をいれて熱湯でさっと茹でます。
水にとって、しぼります。
醤油、みりん、酢をあわせ、器にもった食用菊にかけます。
できあがり。

関東へ出てきてから、食用菊をたべるようになりました。
最初はおそるおそるでしたが、しゃきしゃきとした歯応えとほのかな香りに今ではすっかり好物です。
レタスとさつま揚げの炒めもの

炒めたレタスは大好きです。
今日はこれにさつま揚げを加えて見ました。
よくあいます。

レタスは手でちぎり、さつま揚げは細切りにします。
フライパンに油をしいて、レタス、続いてさつま揚げを入れて炒めます。
醤油をふってできあがり。

天気予報を見ると、東京だけ梅雨明けしていないようです。
早く夏がこないかなあ。
ナスといんげんと青じその辛味炒め
20070722211208
朝から蒸し暑い一日となりました。
選挙カーの騒音がさらに拍車をかけています。
この選挙のやり方、何か考えないとねえといつも思います。

茄子は輪切りにして、塩水につけます。
いんげんと大葉は適当に切ります。
フライパンに油をしいて、茄子、つづいていんげんを炒め、蓋をして軽く蒸し焼きにします。
火がとおったら、大葉を加えます。
醤油で味付け、七味唐辛子をふってできあがり。

鶏肉などを加えても。
また、塩味にしても、味噌やカレー味にしても美味しいです。

鶏肉とピーマンの胡麻だれ和え

昨日のうどんの胡麻だれが美味しかったので、今宵はこんな酒肴にしてみました。
暑いときには少し冷やすとさっぱりと食べられます。

鶏胸肉はそぎ切りに、ピーマンは細切りにして、蒸します。
胡麻をすり、醤油少々、味噌、みりん、酢を加えて胡麻だれを作ります。
蒸しあがった鶏肉とピーマンとを和えてできあがり。

明日はまた雨模様です。
一体いつになったら梅雨があけるのでしょう。
ちょっと暑い夏が恋しくなっています。
さか田(銀座一丁目)
070719.jpg
先日、稲庭うどんを食べたので、次は讃岐うどん!というわけで行ってきました。
銀座一丁目、並木通り沿いにある「さか田」です。

0707192.jpg
食べたのは冷やしごまだれうどん。
腰があります。
たれも美味しい。

壁にかかったメニューを見ると、種類は少ないですが美味しいお酒が。
今度は夜に来てみたいです。
つくば桜

名前も色も素敵なお酒。
もったいなくて、なかなか飲めなかったのですがついに開封しました。

古代黒米で作っているつくばのお酒です。
そのためうっすら赤く色がついています。
日本酒度がマイナス11度なのですが、あまり甘さは感じず、香り高いお酒です。
黒米にはアントシニアンが含まれているそうで、飲んでいると美しくなるような気がします(あくまで気持ちの問題です)。

0710182.jpg
おつまみは先月つけたらっきょうの塩漬け。
2、3日水につけて塩をぬいています。
日本酒にぴったりです。
色々野菜のカレー炒め
20070717204308
雨は降っているし、お酒は抱えているし、スーパーに寄るのも面倒です。
冷蔵庫にある野菜で、こんなものを作ってみました。

じゃがいもと人参とは切って、ゆでます。
硬めに茹で上がったら、水を捨てます。
そこにオリーブ油を入れて、切ったいんげんとピーマンを加えて炒めます。
塩、胡椒、カレー粉で味付けて出来上がり。

野菜はナスでも玉ねぎでも南瓜でもなんでもあるもので大丈夫です。

人参葉っぱごはん
20070716224821
葉付きの人参を見つけると、いつも葉はふりかけになります。
冷蔵庫にいれておけばしばらくもつので、便利です。
今日はご飯に混ぜ込んでみました。

人参の葉は刻んで、ごま油で炒めます。
火がとおったら、おかかと胡麻をふり、醤油で味付けます。
炊きたてのご飯に混ぜます。
できあがり。

台風に、地震に、と大変な週末になりました。
早く復興されることを思っています。
南アフリカのワイン

南アフリカのワインをいただきました。
Rustenbergというワイナリーの「John X Merriman」という2003年ものです。
このMerrimanさんを記念したワインだそうなのですが、この方、南アフリカの農業大臣をやって、その後首相にもなったそう。
1892年に害虫によって壊滅した農場を買い取り、ぶどう畑を復活させたそうです。
と、ワインの裏に書いてありました。
へぇ(飲み終わってから気付く)。

ワインのことはよく分からないのですが、美味しいワインでした。
ミディアムボディというのでしょうか、で、香りがあって、何にでもあいそう。
ちょっと冷やすといい感じです。
ちなみに今宵は餃子でした。
茄子の天かす煮
20070713230239
蕎麦屋へいったら天かすを一袋もらいました。
そこで今宵はこんな酒肴になりました。

なすは乱切りにして塩水に放ち、あくぬきします。
鍋になす、水、みりん、醤油、酒を入れて煮ます。
煮立ったら、天かすを加えます。
なすがくたっとなったらできあがり。

天かすの油となすとがよく合います。
熱々のを汁ごと冷たい蕎麦にかけても美味しそうです。

銀座 佐藤養助
20070712111916
お昼に、稲庭うどんのお店、銀座 佐藤養助にいってきました。
秋田の稲庭町にある稲庭うどん。
細いのにこしがあって美味しい。
加薬ごはんもついています。

店内は席もゆったりしていて、落ち着ける雰囲気。
夜もよさそうです。
エクウス(劇団四季 自由劇場)
20070608091054.jpg
浜松町にある劇団四季の自由劇場です。
エクウスという台詞劇を見てきました。

これがすごーーーくよかったです。
罪を犯した少年の心の闇を一人の老精神科医が解いていく物語。
罪を犯した理由は分かってくるのですが、その中で親子関係、教育、宗教、思春期の悩み・・・とさまざまな問題が浮かび上がってきます。

初演が1975年とのことですが、まったく色褪せていない、いえまさに現代が抱える問題です。
かぼちゃとピーマンの炒めもの

サザエさん症候群にはならないけれど、やっぱり月曜日はちょっとどんより気分。
でも毎週月曜日は踊りの稽古日。
稽古にいって、汗をかいて、美味しいお酒を飲むと、ぴんしゃんと元気になります。

ピーマンとかぼちゃは細切りにします。
フライパンに油をしいて、ピーマン、つづいてかぼちゃを入れて炒めます。
火がとおったら、塩と醤油少々で味付け、最後に黒胡麻をふります。
できあがり。

これであしたは朝から元気です。

豚肉といんげんの芥子和え
20070708202105
梅雨の中休みの日曜日。
ベランダの鉢植えを眺めながらぼーっと過ごす一日もいいものです。

ヘタをとったいんげんと豚肉(こま切れで大丈夫)はさっとゆでます。
ボールに入れて、醤油、酢、みりん少々、芥子で和えます。
できあがり。

なんだかここへきて涼しい日々が続いています。
有難いのですが、せっかくこのまえ扇風機を買ったのに、出番が一度もないままです。

白瓜の生姜醤油漬け
20070707231530
西瓜に冬瓜、南瓜に胡瓜、と夏は瓜の季節です。
これは白瓜。
水分が多いので、蒸し暑い夏にぴったりです。

瓜は縦半分にきってから、薄く切り、軽く塩をして、刻んだ生姜と和えます。
水気をきって、醤油をふります。
できあがり。

箸休めやお茶請けにもぴったりです。
夏は冷房で冷えやすいので、生姜はたくさん使っています。

AUX BACCHANALES(銀座)

映画の前にちょっと時間があったので、ビールを一杯。
銀座にあるオーバカナルです。
テラスで飲むのにちょうどいい季節。
向かいは泰明小学校です。

見た映画は、Volver(ボルベール)。
ペドロ アルモドバル監督、ペネロペ クルス主演のスペイン映画です。
とってもいい映画でお勧め。
女は強い、ということを実感します。

春雨の色々サラダ
20070704211403
麺類が好きなせいか、春雨は好きです。
緑豆からつくる春雨とじゃがいも澱粉から作るものとありますが、やはり前者のほうが美味しいように思います。

春雨と切干大根は戻します。
人参は千切りにして、しめじは小分けにして、さっとゆでます。
青葱は小口切りにします。
全部をボールにいれて、醤油、塩、酢、胡麻油で味付けます。
できあがり。

雨の一日となりました。
気温が低いので、こんな夜は過ごしやすいです。

つるむらさきの油炒め


もずく酢

こんなの料理でないよ!といわれるぐらい簡単なんですけど、でも旬なんです。
沖縄もずく。
磯の香りがいっぱいです。

もずくは洗って、水気をきります。
器にもって、醤油と酢とをかけます。
わさびをのせてできあがり。

さっぱりした味が好きなので、醤油と酢の二杯酢です。
みりんを加えて、三杯酢でも美味しいです。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。