*All archives* |  *Admin*

2011/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書道
写真(1)
久しぶりに筆とすずりを引っ張り出したら、書くのが楽しくて楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
他にもやることいっぱいあるのに!

これは千字文の一番最初の句です。

天の色は黒く、地の色は黄色い。
空間や時間は広大で、茫漠としている。


古代中国とは、なんと悠然としているのでしょう。
こんな心境で来年も過ごしたいです。
スポンサーサイト
厚揚げとしめじの煮物 Cooked deep-fried tofu and mushroom
写真
昨日に比べると暖かで、大掃除日和の一日でした。
といっても特別なことはしないのですが・・・
でも冷蔵庫の中はすっきりです。

厚揚げはさっと茹でて、油抜きします。
鍋に水と昆布を入れて火にかけ、醤油、みりんで味をつけ、そこに厚揚げとしめじを入れます。
蓋をして煮て、しめじがくたっとしたらできあがり。

柚子をちらしたり、おろし生姜をのせても美味しいです。
今年もあと2日です。
親子煮 Cooked chiken and eggs
写真(3)
年末に向けて、少しずつ冷蔵庫の中を空にしていっています。
今宵は葱と玉子があったので、こんな酒肴を作ってみました。

鍋に、水、醤油、みりん、酒を入れて火にかけます。
煮立ったら、一口大に切った鶏肉を入れます。
鶏肉の色がかわってきたら、斜め切りにした葱を加えます。
葱がくたっとしたら、溶きたまごを加えます。
玉子がゆるく固まったらできあがり。

たくさんの葱もべろりと食べられます。
温かいご飯にのせれば親子丼です。

Put soy sauce,mirin and sake into the pot with water and boil.
Add chicken cut into bite-size pieces and the long green onions cut diagonally until cooked.
Pour beaten the eggs and boil them until the eggs are half-cooked.

Oyakodon or "parent and child" is a dish in which cooked chicken and eggs are put in the bowl.
丸こんにゃくの醤油おかか煮 Konnyaku with soy sauce
写真
年末から寒い日が続きます。
こんなときはお酒も温めて、上燗や熱燗がいいものです。
よーく味のしみたこんにゃくがよくあいます。

丸こんにゃくはあく抜きのため、塩でもんで水で洗います。
沸騰した水に、かつお節、醤油、みりん、酒とこんにゃくを入れます。
しばらく煮たら火をとめ、さまします。
食べるときにまた温めて、できあがり。

冷ますと味がよくしみます。
こんにゃくのこと、「砂おろし」というそうです。
家も大掃除、体も大掃除です。
稽古納め その二 日本舞踊 The last Nihon Buyo lesson day of the year


和裁に続いて、日本舞踊も稽古納め。
今年一年有難うございました、と師匠にご挨拶するのは気持ちがいいものです。

日本舞踊のときは、踊り始める前に、舞台で必ず扇子を前におきおじぎをします。
このお扇子の意味は、結界などと言われていますが、私は、踊りの神様にご挨拶して降りてきてもらうためと勝手に思っています。
「おうぎ」という言葉は、神を「をく(招く)」から派生したのではないかと言われているからです。

ちなみにこれはお稽古場の控え室。
稽古場は、板の間です。


東京スカイツリー Tokyo Sky Tree
昼間ラジオで、「23日から25日まで一部点灯する」と聞きました。
夕方5時半から、白色の灯りだそうです。
我が家からも小さく見えます。
昼間の様子(左のほうです)。

DSC06343.jpg
17時半、点灯されました。

DSC06342.jpg
撮影のためでしょうか、ヘリコプターらしきものが何台かまわっています。
人参としらたきのきんぴら Fried carrot and konnyaku
写真
冬らしい天気の休日となりました。
ここのところ忘年会続きという方も多いのではないでしょうか。
そのせいか、こんにゃくが食べたくなって、今宵はこんな酒肴です。

人参は千切りにします(これはシリシリしました(沖縄のスライサーです))。
糸こんにゃくは、食べやすい長さに切ります。
フライパンに油を熱して、鷹の爪と人参を入れて炒めます。
続いて糸こんにゃくとかつお節をいれ、油がまわったら、醤油をまわしかけます。
水分がなくなるまで炒めてできあがり。

人参の甘味で、醤油だけで十分おいしいです。
今日から3日間、スカイツリーが一部点灯されています。
冬の夜空にきれいです。

Today is a wintry holiday.
Do you attend many year-end parties?
Today's recipe is not heavy.

Cut some carrots.
Heat oil in pan, and add the carrots and red pepper.
Then add some noodles made of konnyaku and dried bonito flakes.
Add soy sauce and stir-fry until almost no liquid remains.
稽古納め その一 和裁


あっという間に師走も20日を過ぎました。
今日は和裁の稽古納め。
って何をするわけではないのですが、記念写真です。

いま縫っているのがこの附下。母の若いころのものですが、だいぶ汚れてきたのでほどいて洗い張りしたものです。
来年のお三味線の会までにはなんとか仕上げたい!とがんばっています。

お三味線の会は、2011年4月15日(日)日本橋公会堂にてです。

大名古屋ビルヂングと名古屋城

用事があって、名古屋にきています。
名古屋駅前のタワーズ15階から、名古屋名物、大名古屋ビルヂングとその奥に名古屋城です。

伊吹おろしが冷たいです。


衣かつぎ
写真
いつも車で売りに来る八百屋さんに「サトイモくださーい」と言ったら、「これはぬめりがあって美味しいよ。最近のはぬめりがないからねー」と言いながら出してくれました。
そういえば、最近スーパーで買うサトイモはぬめりが減っているかもしれません。つるっと手から滑った!ってことが少ないような気がします。
一番おいしい衣かつぎにしました。

サトイモは洗って泥をおとします。
蒸して、上の部分の皮をむきます。
できあがり。

本当はごま塩で食べるところですが、このままで十分おいしい!
八百屋のおじさんのいうとおり、ぬめりのあるサトイモでした。


里芋と鶏肉の煮物




つがる茶屋(駒込) Japanese folk song
写真
今日は和裁の先生に連れられて、初めて民謡酒場というところにいってきました。
駒込駅からすぐのところにあるつがる茶屋です。
和裁の先生は、津軽三味線のお師匠さんでもあって、先生の先生がこのお店を経営しています。

写真(1)
民謡酒場にいくのは初めてです。
ジャズバーやシャンソン酒場と一緒なのですね。
お店の人がリクエストに答えて弾いてくれたり、飛び入りで唄わせてもらえたり。
初めて生で聴く民謡、面白いです。
やっぱり生の音を聴くのはなんでも楽しい。

sei.jpg
というわけで私も飛び入り参加!
「♪こーきりこーのー なら知ってるよ!」と言ったら、お店の人が弾いてくれて、先生と一緒に唄いました。
楽しかった!
ちなみにこの着物、先生に教わって仕立てた袷の着物です。祖母の古い着物を洗い張りしたもので、今日しつけをとって、初めて着ました。
大好きな和裁の先生、私の人生の師匠です。
長火鉢

しんと冷えて、気持ちのいい土曜日。

久しぶりに長火鉢に火をいれてみました。京都の祖母から譲り受けた、80年ぐらい前のものです。

炭の焼ける匂い、とてもいいにおいです。




ヤモリくん

ベランダの植木鉢の位置を変えようと動かしたら、ヤモリくんがでてきました。
きっと、一時期、植木鉢を一階に下ろしていたことがあったので、きっとそのとき鉢に入ったのでしょう。

ベランダにヤモリがいるなんてなんだかうれしい。
寒いところ、起こしてごめんねえ。です。



ほうれん草と玉ねぎの玉子炒め


肉や魚などには「消費期限」が記されていますが、あまり気にしたことがありません。
保存するほど冷蔵庫にはあまり入ってないし、それに判断は自分の目と鼻!
自分の判断によらず、なんでも他人任せになっている世の中に、”人間”の機能が衰えてしまうのではと思っています。

ほうれん草は茹でて、刻みます。
フライパンで玉ねぎ、続いてほうれん草を炒めます。
溶いた玉子を加えて、塩コショウしてできあがり・


冷蔵庫から取り出した玉子がちょうど今日が消費期限で、そんなことを思いました。
料理も”目分量”や”塩梅”って言葉がなくなってしまわないか心配です。









れんこんのお焼き Fried lotus root
写真 (1)
一年中出回っていますが、レンコンはこれからが旬です。
レンコン畑での収穫はテレビでしか見たことがないのですが、腰ぐらいまで泥につかって大変そうです。
ありがたく、いただきます。

レンコンはたわしで洗って酢水につけ、すりおろします。
刻んだ青ネギと、片栗粉、塩少々を加えて、ざっくり混ぜます。
フライパンに油を多めにしいて、生地を流し込み、両面焼きます。
すりおろした生姜をのせてできあがり。

片栗粉でなくても、小麦粉やいま流行りの米粉でもだいじょうぶです。
生姜醤油で食べると、もっちりしていてとってもおいしい。
見た目は悪いですが、おすすめです。

I hear only Japan and China are the consumer of lotus root.
Have you ever had it?
It looks bad but tastes good.

Soak some lotus roots in vinegar and grate.
Add salt,chopped green onion and starch(or wheat flour or rice powder),and then mix.
Put much oil in the frying pan, add the dough and fry.
Serve with soy sauce and grated ginger.



JIP(新宿三丁目)

日本のワインを取り揃えたお店があるよ、と聞いて出かけてきました。
新宿三丁目と二丁目の間ぐらいにあるJIPです。
ほどよく広さで、天井が高くて気持ちいい!

日本のワインってこんなにあるんだってびっくりです。
スパークリングから白、ロゼ、赤と全部あります。
グラスで頼めるので、もうどれだけ頼んだか覚えてません…

最後に名前にひかれてボトルで頼んだのがこちら、農民ロッソ
桐生のワインです。
素朴な感じで、リオハのワインみたいかな?
日本の酒蔵もだけど、ワイナリー巡りもしたくなりました。




塩豚白髪ねぎ添え
写真
師走2日目。
うきうきして、なんだか気忙しくもなる季節です。
なので今宵は忙しいときにもパーティーにもぴったりな酒肴です。

豚肉のかたまり(三枚肉、肩ロースなど)に、塩をまぶして、ぴっちりラップをし、冷蔵庫で一晩おきます。
切って、フライパンで焼き、白髪ねぎを添えます。
できあがり。

塩をしただけで、ぐっと豚肉の味が濃くなるから不思議です。
塩豚は冷蔵庫で一週間ぐらいもちます。
焼いても茹でても美味しいです。
きりたんぽ串

今日から師走。
ぐっと冷え込んだ一日でしたが、この季節は大好きです。
しんとした空気も気持ちいいですし、温かい鍋料理は美味しいし、何より熱々にした燗酒は美味しいし。

今冬は、きりたんぽ鍋に挑戦しようとおもい、こんなのを見つけました。




プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。