*All archives* |  *Admin*

2012/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厚揚げとしし唐の煮物 Cooked atsuage(deep-fried tofu) and pepper
写真 (2)
日射しの強い、でも風は爽やかな一日でした。
窓をあけていると気持ちがよくて、家で繕い物したり、庭仕事ならぬベランダ仕事にいそしみました。
今宵はしし唐辛子。辛いものが好きなので、ときどき辛いシシトウにあたると、やった!と思います。

しし唐はヘタをとり、厚揚げは湯がいて油抜きします。
鍋に、切った厚揚げ、しし唐、水、醤油、鰹節を入れて火にかけます。
しし唐がしなっとなったらできあがり。

火を止めたあと、そのまましばらく置いて味を含ませると美味しいです。
簡単ですが、お酒のおつまみには最適な一品です。
スポンサーサイト
ポテトビリヤニ(カレーピラフ) Potato biryani
写真 (3)
一昨年2010年の夏、カレー作りに目覚め、スパイスをあれこれ揃えてチキンカレーやビーフカレーを作っていました。
そのころ買ったdancyuのカレー特集号などを久しぶりに引っ張りだして、今宵はビリヤニです。
インドなど南アジア地域のお米料理ですが、日本のうるち米でも美味しくできます。

お米は洗ってざるにあげます。
じゃがいも、玉ねぎ、インゲンはそれぞれ粗く切ります。
圧力鍋(または炊飯器など)に、米、じゃがいも、玉ねぎ、インゲンとカレー粉(米1合に対して小さじ1ぐらい)、塩少々と分量どおりの水を入れます。
普通に炊いてできあがり。

とっても簡単!
薄味なのでカレーと一緒に食べてもよしです。
具も鶏肉を入れたり、人参を入れたり、いろいろ楽しめます。

The biryani is a rice dish in south Asia.

真竹の甘辛煮 salty-sweet bamboo shoots
写真
この時期にたけのこ?
春にとれる孟宗竹とは違って、長細い真竹です。

真竹は皮をむいて、刻んで塩を入れて下ゆでします。
鍋に、下ゆでしたたけのこ、醤油、みりん、唐辛子、水を入れて煮ます。
できあがり。

There are some kinds of bamboo shoots.
This is in season now.

Strip bamboo shoots and cut.
Cook them in boiling water with salt.
Add boiled bamboo shoots,soy sauce,mirin,hot pepper and water in a pot and cook.

s-DSC08031.jpg
これがその真竹です。
先日、埼玉県は日高市にある高麗神社にいったときによろず屋さんの店先に売っていました。
食べ方はお店のおばさんに教わりました。

I got them in Komagawa,Saitama prefecture.

s-DSC08048.jpg
川越からJR川越線に乗って、高麗川駅で下車。そこから歩いて20分ほどで高麗神社につきます。
このあたりには、716年、日本にわたってきた高句麗人が移り住んだ地です。
当初の首長 高麗王若光が祀られています。


s-DSC08057.jpg
近くには高麗王若光のお墓があります。これはその山門。

s-DSC08051.jpg
積み石のお墓です。

s-DSC08035.jpg

s-DSC08032.jpg
山に囲まれ、澄んだ川が流れ、とってもいいところでした。
どうしてこんなところに移り住んだのかなあなどと考えながら歩くと楽しいです。
半日散歩におすすめです。
豆腐とあおさのお吸い物 tofu and seaweed soup
写真 (2)
食べ物にだんだんとにおいがなくなっているように思います。
トマトくささや人参くささといったものは、受けないのでしょうか。
ワカメなど海藻もしかり。
でもこれは青くささがありました。

かつおと昆布で出汁をとります。
出汁を沸騰させて、絹ごし豆腐を加え、塩と醤油少々で味付けます。
洗ったあおさを入れてできあがり。

昔アイルランドにいったとき、海岸にたくさんの海藻がありました。
でも、アイルランドの人は食べないそうです。
食文化って面白いです。

Put the tofu into the dashi broth and boil.
Add salt and a little soy sauce.
Add seaweed(the aosa).

In Japan we eat seaweed.
But in Ireland, I hear they do not have a custom to have seaweed.
The differences in food culture is fun.
ネギ玉子焼き fried green onions with eggs
写真 (1)
寒かったり暑かったり、気候が不順です。
昨日はまたスプリングコートを引っ張り出してしまいました。
体調を崩さないように気を付けないとです。

フライパンで溶いた玉子をさっと炒め、お皿にとっておきます。
続いて斜め切りにしたネギを炒めます。
玉子を戻して、塩、胡椒で味付けてできあがり。

玉子とネギ、というとなんだか効きそうな感じがしませんか。
これにアルコール消毒して、もう万能薬です。
明日葉と豚肉のカレー風味 pork and ashitaba with curry
写真
実家から小包みが届き、庭でとれた明日葉が入っていました。
猫の額ほどの庭ですが、細々といろいろなものが植わっていて夏になるとまるでジャングルです。
そんな中で、明日葉は雑草のようにたくましく育っています。

豚肉は細かく切って茹でます。
明日葉もさっと茹でて刻み、玉ねぎは薄切りにして水にさらします。
豚肉、明日葉、玉ねぎをあわせ、醤油とカレー粉で和えます。
できあがり。

香りが強い明日葉ですが、カレー味とよくあいます。
茹でてさっぱり味ですが、この材料を炒めても美味しいです。

I received a package from my parents in Nagoya, which contained the ashitaba from the garden.

Boil the pork cut into bite-size pieces.
Boil the ashitaba and cut up.
Slice the onion thinly and soak in the water.
Mix them with curry powder and soy sauce.

浦賀紀行その3 Trip to Uraga in Miura peninsula
s-DSC08014.jpg
浦賀の駅から二駅ほど戻って、京急大津駅に降りました。
駅から歩いて5分ほど、信楽寺(しんぎょうじ)というお寺です。
ここは、坂本竜馬の妻、お龍さんのお墓があります。
s-DSC08016.jpg
おりょうさん、未亡人となってからは各地を転々とし、再婚もして苦労したみたいですけど、お墓には「阪本龍馬之妻龍子」とありました。
よかったです。

でも坂本龍馬や勝海舟って男の人にはとっても人気みたいですけど、どうも私にはその魅力がまだわかりません。うーん、どうしてかっこいいのかなあ。

s-DSC08024.jpg
さらにまた電車で戻って、県立大学で下車。
そこから国道16号沿いを北に向かって歩いていくと、料亭小松屋がありました。
横須賀に海軍が設置された翌年にできた料亭です。
海軍関係者の贔屓の店で、東郷平八郎もお気に入りで3日も居続けたことがあるとか。

ちなみに、東郷平八郎のほうがきっとかっこいいと思います。

まったく、過去のエライ人たちに向かって、勝手なこと言ってます。
浦賀紀行その2 trip to Uraga in Miura peninsula
s-DSC07959.jpg
浦賀湾の東西には、叶神社というお社があります。
ここは東叶(ひがしかのう)神社。

s-DSC07964.jpg
えっちらおっちらと裏山の階段を上っていくと、小さなお社があります。
咸臨丸で浦賀の港を出港する前、勝海舟はここで水垢離をし、断食したそうです。
勝海舟のような合理的な人が、そんなことしたんだ!と意外でした。
時代ですね。
s-DSC07965.jpg
さらに奥へいくと、ぱっと開けて海が見えました。
立て看板によると、ここは浦賀城址で、北条氏康が建てたといわれているそうです。
確かに高台で海に面し、防御するにはぴったりの地です。
s-DSC07966.jpg
ペリーの黒船はちょうどこの眼下の左辺りにやってきたそうです。
さぞかし怖かっただろうなあと思います。
たった四杯で夜も眠れず・・・

浦賀紀行その1 trip to Uraga
s-DSC07956.jpg
品川から電車に揺られて約1時間。
三浦半島は浦賀に出かけてきました。
司馬遼太郎さんの「三浦半島紀」に「浦賀の湾は狭い。川のようだ」と書いてあったので、どんなに狭いんだろうと見てみたくなったのです。

s-DSC07961.jpg
これがその湾。
本当に鉛筆のように入り込んだ湾でした。

s-DSC07985.jpg
湾には、東西を結ぶ渡し舟、ポンポン船がかかっています。
なんとこれ、市道だそうです。
s-DSC07984.jpg
乗車賃150円。
ポンポン船から海を見て。3分ほどの船旅ですけど、気分はのんびりです。

つづく
雷豆腐 Thunder tofu

朝方はものすごい雨でした。
バケツをひっくり返したような雨音に、珍しく目が覚めたぐらいです。
ちなみに特技は、いつでもどこでもぐっすり寝られることです。

豆腐は重しをして、軽く水気をきります。
フライパンに油を熱して、小口切りにした青ネギを炒めます。
油が回ったら、強火にして、豆腐を手で崩しながら加え、炒めます。
塩と醤油少々で味付けます。
できあがり。

雷豆腐という名前の由来は、豆腐を炒めるとき、バリバリと音がするからだそうです。
水気を切り過ぎると、音が出なくなってしまいます。
茹でた素麺と炒めても美味しいです。

Place the weight on the top of the tofu and drain off the water.
Put oil in a pan and fry the Japanese leeks sliced thinly.
Turn up the heat and add the tofu.
Add salt and say sauce.

When you add the tofu,it sounds like a thunder.







砂肝とキャベツの炒めもの
写真
キャベツはいつも一玉買うのですが、この時期は成長して大きいです。
持って帰るのに体力を使い、使い切るのに頭を悩ませます。
でも美味しくて、なくなるとまたすぐ買ってしまうのです。

砂肝はすじをとって、薄切りにします。
フライパンにごま油を熱して、砂肝を炒めます。
続いて切ったキャベツも加えます。
塩、胡椒で味付けてできあがり。

砂肝とキャベツがとってもよく合いました!
キャベツもたっぷり食べられて、おすすめです。
ししとうのおかか煮

台風一過の今日は、夏日。
東京は30度を越えたそうです。
暑さには強いのですが、クーラーには弱くて、これから辛い季節です。

鍋に油をしいて、ししとうを炒めます。
しなっとしてきたら、鰹節と醤油を加えます。
かき混ぜながら、汁気がなくなったらできあがり。

冷めても美味しくて、これも保存がききます。
でもきっとあっという間になくなります。
キャベツの中華風即席漬け Chinese-inspired pickled cabbage
写真 (1)
台風が2つ続けてやってきています。
私は台風の大きな被害にあったことはないのですが、母は伊勢湾台風を経験しています。
名古屋も北のほうだったのですが、隣の家は壁が飛ばされたそうです。

鍋に、ごま油、酢、塩、唐辛子を入れて煮立てます。
切ったキャベツを加えて、混ぜながらしんなりさせます。
できあがり。

写真がピンボケしてしまいました。
すぐ食べられますし、しばらく置いてからでも美味しいです。
キャベツがたくさんあるとき、作っておくと便利です。

Two typhoons are on their way to Japan.

Put sesame oil,vinegar,salt and pepper in a pot and heat.
Add cut cabbages and saute until wilted.
切干大根と打ち豆の煮物 cooked dried radish and uti-mame
写真 (2)
梅雨時なので、乾物一掃。
打ち豆をご存知ですか。
蒸した大豆をつぶして乾燥したもので、福井県など日本海側のほうの郷土食です。
普通の乾燥大豆よりも早く煮えます。

切り干し大根と打ち豆は洗って、それぞれ水につけてもどします。
(打ち豆は5分くらいです)
鍋に切り干し大根と打ち豆を入れ、戻した汁、醤油、みりんを入れて煮ます。
ふっくら煮えたらできあがり。

この打ち豆は、北野エースで手に入れました。
ここのお店、いろいろなものがあって面白いです。

The dry foods go off easily in the rainy season,though they are non-perishables.
Uti-mame are dried and squashed soybeans and local food in the areas along the Sea of Japan such as Fukui prefecuture.

Reconstitute dried radishes and "uti-mame".
Put the radishes,uti-mame,soy sauce, mirin and soaking water in a pot and simmer.




I love kimono and sake!
写真
東京商工リサーチによると、日本酒メーカーの倒産は2002年から2011年のここ10年間で74件発生し、そのうち7割以上が業歴100年超の老舗企業が占めているそうです。
日本酒の消費量は1994年の125万7000キロリットルから、2010年は55万8000キロリットルへ大幅に減少し、清酒製造業者数も1994年の2204社から2009年は1579社へ減少しているとか。

私はせっせと飲んでいるのに、世の中ではこんなに飲まれなくなっているんですね。

呉服小売市場も1981年のピーク時に約1.8兆円だったのが、2011年は2,880億円(見込)。
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000893
もう半分どころか9割近く落ち込んでいます。

私はせっせと買っているのに…とは言えないのですが、でもせっせと着ています。

酒も着るものも文化。
微力ながら応援しています!
特別なスーパードライ。

梅雨ぞらの一日。
昼間は梅雨寒といった天気でしたが、夕方から蒸してきました。
というわけで、今宵はビールです。
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/superdry/sendopack/

アサヒスーパードライの鮮度実感パック。



塩豚とキャベツの炒めもの Fried salt pork and cabbage
写真 (2)
ここ数日肌寒い日が続きましたが、今日はやっと気温が上がりました。
今宵はそんな日にぴったりな酒肴。
美味しくて元気になります。

豚ばら肉に塩をまぶし、ラップでぴたっとくるんで冷蔵庫に一晩おきます。
5ミリぐらいの厚さに切って、フライパンで焼きます。
油が出てくるので、キッチンペーパーなどで抜き取ります。
切ったキャベツも加えて炒め、胡椒をふってできあがり。

塩をすると水分が抜けて、お肉の味がぎゅっとしまります。
冷蔵庫の中で1週間ぐらいもちます。

Salt the pork block and place in refrigerator overnight.
Slice the pork into 5mm and fry in the pan.
Remove excess oil with kitchen paper
Add the cabbage and cook until wilted.
Add pepper.

生にんにく醤油漬け pickled spring garlic
写真
夜の和裁の帰り道、細い路地に入ったところでお巡りさんを発見。
車が電柱でつかえて動けなくなっていました。
お巡りさんは運転係と誘導係になって、「そこでこう切り返したら出られないか」などとあれこれやっています。
車の持ち主のおじさんはしょぼんとしていて気の毒だったけど、なんだかほほえましい事件でした。
きっとこれを食べたら元気になります。

生にんにく(乾燥させていない大蒜)は皮をむいて、上下を切りおとります。
醤油と酢に漬けます。
できあがり。

1週間後ぐらいから食べごろです。
冷蔵庫もいれておけばもちますが、心配なときは、途中で漬け汁を替えれば大丈夫です。
漬け汁も炒めものなどに使えます。
季節限定の生にんにく、とってもオススメです。

Fresh garlic(no-dried garlic) is crispy and tasty in season.


トマトとキャベツの玄米リゾット tomato & cabbage risotto
写真
梅雨の晴れ間となりました。
乾物などを入れている引き出しを整理していたら、賞味期限間近のトマトの水煮を発見!

鍋でオリーブ油を熱して、玄米を炒めます。(玄米は洗わないです)
油がまわったら、刻んだキャベツ、しめじ、トマトの水煮(汁だけ)と水を入れて炊きます。
蓋をあけて、トマトの実の部分を入れ、塩、胡椒で味付けます。
器にもり、パルメザンチーズをふってできあがり。

キャベツは相当な量を入れてだいじょうぶです。
トマトの酸味が苦手だったら、ケチャップを足してもいいと思います。
これと白ワインで十分満足です。


生姜ごはん Ginger rice
写真
今日も雨。
洗濯物も乾かなくて、ついつい気分はどよよんとしがち。
こんなさっぱりとした炊き込みご飯ですっきりします。

米は洗って吸水させます。
生姜はみじん切りに、えのき茸は石づきをとって半分に切ります。
お米の上に、昆布、生姜とえのき茸、乾燥わかめを手でもみながら(なるべく細かくするため)加えて、醤油、塩、酒をふって炊きます。
できあがり。

水の量は大体普通にお米を炊くときと同じくらいかと思います。
乾燥わかめとえのき茸から出る水分と、調味料で相殺です。
簡単でとっても美味しい。
お酒の〆にもぴったりです。


もやしの胡麻和え beansprout with sesami
写真 (2)
6月だというのになんだか肌寒いです。
しまったスプリングコートをまた引っ張りだしてしまいました。

もやしは茹でて、水気を切ります。
ボールに入れて、塩、胡麻、ごま油を加え、手でよくもんで味をなじませます。
できあがり。

コチュジャンで和えても美味しいです。
玉ねぎといんげんのパスタサラダ pasta salad with onion and beans
写真 (1)
朝から日差しが強くて暑い一日となりました。
ビールや、白ワイン、冷酒が美味しい季節です(万年美味しいですけど)。
そんな日にぴったりの酒肴です。

鍋にたっぷりの湯を沸騰させて塩を加え、パスタ(これはシェル型)を茹で、ころあいを見て切ったインゲンも入れて茹でます。
玉ねぎは薄切り、アボカドは一口大に切ります。
ボールに、茹であがったパスタ、インゲン、玉ねぎとアボカドを入れ、塩、胡椒、酢、マヨネーズと山葵で和えます。
できあがり。

野菜は何でもお好みで。
半熟玉子を添えても美味しいです。
山葵がミソです。

Today is hot and a good day for drinking white wine,beer or cold sake.
This dish goes with them.

Boil the pasta and beans.
Slice the onion thinly and cut the avocado.
Mix them with salt,pepper,vinegar,mayonnaise and wasabi.

Wasabi is a secret ingredient.


いんげんの酢漬け Pickled beans
s-DSC07937.jpg
朝は肌寒いくらいだったのに、昼間は半袖でも過ごせるぐらいの気候になりました。
今年はちょっと梅雨入りが遅いようです。
こちらも先日のきのこと青唐辛子の酢漬け同様保存食です。

インゲンは適当な長さに切って、茹でます。
醤油と酢につけてできあがり。

インゲンを茹でるとき、厚手の鍋に少量の水を入れ、蓋をして蒸すようにすると短時間で茹であがります。
栄養も逃げにくいのではと思います。
アスパラガスなどもこの方法で火を通すことができます。

This is a preservative food and can keep in the refrigerator for a 5 days.

Boil the beans.
Pickle them with vinegar and soy sauce.
凍み大根と打ち豆の煮物 Cooked "shimi daikon" and soy beans
写真 (1)
東京は朝から雨。台風の影響みたいです。
友人から、岩手のお土産に、と凍み大根をいただきました。
保存がきくものですが、そろそろ梅雨入り。
湿度が高くなる前に使い切ります。

凍み大根は、水につけて戻し、輪切りにします。
打ち豆も5分ほど水につけてもどします。
鍋に、凍み大根、打ち豆とそれぞれの戻し汁、刻んだ昆布を入れて、醤油と酒を加えて煮ます。
ふっくらしたらできあがり。

大根がとても甘いので、みりんや砂糖はなしで十分美味しいです。
この凍み大根、地元の農家の手作り、道の駅で入手したそうです。
ごちそうさま!

It is raining today in Tokyo.
I was sorry that I did not see the transit of Venus.

The "shimi daikon"(raddish dried in the snow) is a local food in Iwate prefecture.
じゃがいもカレー味 Curry potatoes
写真 (2)
じゃがいもが大好きです。
じゃがいもだけのカレーが食べたい!と思い、こんなものができました。

じゃがいもは適当な大きさに切って、焼くか蒸します。
鍋に火の通ったじゃがいも、水とカレールーをいれて火にかけます。
ルーがとけたらできあがり。

ビールや白ワインにぴったり!
しばらくおいてからのほうが味がしみておいしいです。
そういえば昨夜は部分月食でしたが、東京は曇っていてみられませんでした。
明日の金星通過はどうでしょうか。
らっきょう味噌和え shallots with miso
写真 (1)
らっきょうがずいぶんと出回っています。
塩漬けや甘酢漬けしかしたことなかったのですが、和裁の先生から、「らっきょうを味噌で食べると美味しいよ。ちょっと苦味があるけど」と教えてもらいました。
さっそく試してみました。

新鮮ならっきょうの上下を切り落として、薄皮をむきます。
好みの味噌を添えてできあがり。

お酒にぴったり!
余ったら、味噌をつけたままタッパーなどにいれて一晩おくと、苦味が抜けてこれまたいい味になりました。
ぜひお試しください。

わかめの山椒煮 Seaweed with Japanese pepper
写真 (3)
実の付いた山椒の枝をいただきました。
わーい、初めてです。
しばらく眺めてからいただきます。

塩抜きしたワカメを鍋にいれ、醤油、みりん、酒と山椒の実をいれて火にかけます。
煮たてて、汁気をとばしたらできあがり。

簡単ですが、山椒のおかげでとっても美味しい酒肴になりました。
少量でも、ことわざどおり、本当にぴりりと辛いです。

I was given wild Japanese peppers from a friend.

きのこと青唐辛子の酢漬け pickled mushroom and peppar
s-DSC07935.jpg
オケラが鳴き始めました。毎年、この声を聞くと夏が近づいてきたなあと感じます。
一方、これから食べ物が傷みやすくなる季節。
買ってきたらすぐに茹でて、こんな保存食にしておくと便利です。

えのき茸としめじは茹でて水を切ります。
青唐辛子は小口切りにします。
きのこと青唐辛子を混ぜ、醤油と酢を加えます。
冷蔵庫で一晩おいてできあがり。

一晩おくと味がなじんで美味しいです。
さっぱりしているので、これからの季節にぴったり。
アスパラガスでも絹さやでも、お野菜なんでも美味しいです。

水菜と鶏肉のサラダ Chicken and mizuna with ume sauce

昨晩は飲み会二件をハシゴして、へろへろになりました。
翌朝は記憶もおぼろげで、もう絶対こんなに飲まないと誓うのですが、夕方5時になるとリセットされてしまうのです。

鍋に酒と鶏肉を入れ、蓋をして火にかけ蒸し煮します。
火がとおって粗熱がとれたら、一口大になるように手で裂きます。
梅干と生姜のみじん切り、醤油と酢を混ぜてドレッシングをつくります。
切った水菜と鶏肉を合わせ、ドレッシングをかけます。
できあがり。

さっぱりしているので、これからの季節も食べやすいです。
鶏肉はもも肉でも胸肉でもお好みで。
ビールにも白ワインにもぴったりです。


プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。