*All archives* |  *Admin*

2012/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モロッコインゲンのわさび醤油和え Moroccan beans with wasabi sauce
写真 (5)
こうも暑いとガス台の前に立つのも辛いです。
なのでお稽古前に汗かきついでに、とちゃちゃっと作ることにしています。
必然的に短時間でできるものばかりです。

モロッコインゲンは適当な長さに切って茹でます。
山葵と醤油で和えてできあがり。

最初山葵とマヨネーズで和えようかと思っていたのですが、さっぱりしたものが欲しくて醤油になりました。
簡単ですが、酒肴にはぴったりです。

It is so hot everyday.
It's said that June is the warmest since records began.

Cut Moroccan beans and boil.
Mix Moroccan beans with soy sauce and wasabi.

It goes with sake.
スポンサーサイト
鯵のひもの Dried horse mackerel made in Ito
写真 (4)
鯵の干物はスーパーでもどこでも手に入りますが、でも、このアジの干物は一アジ違います。
静岡は伊東にある魚彦さんの干物です。
脂ののり加減といい、塩加減といい、お刺身より美味しいぐらいです。

s-DSC08273.jpg
ここがお店。伊東の駅から歩いて5,6分です。
海がすぐそこに見えます。

s-DSC08318.jpg
東京から伊東までは鈍行列車でも2時間ちょっと。
車窓から海を眺めていると、あっという間です。

s-DSC08271.jpg
でもやっぱりお刺身も美味しい。
美味しいお魚とともに、静岡限定ビールも楽しめます。
ビールに枝豆

子どものころの夏の定番といえば、ラジオ体操でした。夏の終わりに参加賞として文具などもらえるのが楽しみでした。
そして、大人になってはビールに枝豆です。

枝豆は端を切り落として、洗って、塩を揉み込みます。
(塩は軽く一掴みぐらいでしょうか、多いかな、というぐらいです)
厚手の鍋に水少々と塩がついたままの枝豆をいれて、蓋をして蒸します。
ざるにあげて、冷ましてできあがり。

第三のビールですが、特製檀れい缶!
非売品です。




冷奴アボカドのせ hiyayakko with avocado


今日も暑い一日となりました。
こんな日はなるべく火は使わず、さっぱりとしたもので、でも栄養価の高いものを酒肴としたいです。
なので今宵は畑の肉に、森のバターです。

豆腐は重しをして、軽く水気をきります。
アボガドは切って、酢をかけます。
切った豆腐を器にもり、アボカドをのせて醤油をかけます。
できあがり。

私の夏ばて予防は、しっかり食べて(飲んで)、寝ることです。
夜になって風が出てきたので、今宵はぐっすり寝られるでしょうか。

When it is hot,I want to have a refreshing appetizer.
It is easy to make this dish,and nutritious.
Tofu is referred to as "meat from the field,"and avocado is called "butter from the forest".
夏野菜の煮込み Stewed summer vegetables

あれこれ稽古ごとで夜が遅くなることが多いです(もちろん飲んで遅い日も)。
そんなときにいいのが煮込み料理。朝にちゃちゃと作れるし、冷めてもおいしいです。

玉ねぎ、ナス、ピーマン、トマトは一口大に切ります。
鍋にオリーブ油をしいて、みじん切りのニンニク、続いて野菜を炒めます。
油が回ったら(ちょうど野菜の水分もでてきます)、蓋をして煮込みます。
塩コショウしてできあがり。

野菜はカボチャやキャベツ、その他なんでもあいます。
熱々でも冷やしてもおいしいし、このままでも、パスタやお肉にかけても美味しいです。

It is said getting enough of vitamins to beat the summer heat.

Cut eggplants, tomatoes,onions and peppers into bite-size pieces.
Saute the garlic and vegetables in the olive oil.
Cover and stew.
Add salt and pepper.
Want beer?

日本酒が大好きな私ですが、ビールも好きです。
世界各国で様々なビールが造られているので、それを飲み比べるのもまた楽しみ。

これは韓国のビールです。
韓国にもいろいろ種類がありますが、全般に軽くゴクゴク飲めるようタイプのように思います。

慶州(キョンジュ)の食堂にて。

I like not only sake but also beer.
There are a wide variety of beers around the world, so it's fun to compare the tastes.

This is a Korean beer,which taste is not bitter.

I drank it in Gyeongju.
豚肉野菜巻き
写真
Want beer?

限定醸造とあったので、つい買ってしまいました。
苦味があって味が濃いめなので、食後によいかもしれません。

I am in beer.
きゅうりの一夜漬け overnight cucumber pickles

昨夜から急に涼しくなりました。
過ごしやすくて有難いけど、この寒暖に体調も崩しやすいです。
友人に会ったら「あとでうがいしておいてね。いま風邪ひいてるの」とのこと。
はい、アルコール消毒しておきます。

きゅうりは麺棒でたたいて、一口大に切ります。
きゅうり、生姜のみじん切り、たたいた梅干し、塩昆布を混ぜて、冷蔵庫で一晩置きます。
できあがり。

たくさんのきゅうりもあっという間になくなります。
箸休めにも酒肴にもぴったりです。

We tend to be sick,because of hot/cool days.
My health method is to eat and drink and sleep well.

Beat the cucumbers with rolling pin and cut into bite-size pieced.
Mix the cucumbers,minced gingers and umeboshi (pickled plums),kelp.
Keep them in the refrigerator overnight.
仕立て上がり sewing kimono

縫っていた着物がやっと仕上がりました。
汚れてほつれも出てきたので、解いて、洗い張りしました。
胴裏や八掛も新しくして仕立て直し。

祖母が縫った母の着物です。
着物はこうして長く着られるから、便利です。

「流は万流、上がりは一つ」
という言葉があるそうです。それだけ着物の縫い方にはいろいろあるとか。

よーく見ると、未熟なところがありますが、着てしまえば分かりません。
これも万流の一つ?(笑)

Kimono is Japanese traditional wear.
But the number of people who wear kimono are decreasing.
The tailors are much less.

I made over my mother's kimono,sewed by my grandmother.
This is a ceremonial kimono.
Kimono last a life time.
新生姜の甘酢醤油漬け sweet pickled ginger
写真
この時期になると、新生姜が出回ります。
1年中あるひね生姜と違って、水分が多くて、生でも食べやすいです。
にぎりこぶしぐらいの大きさの新生姜を使って、こんな保存食です。

新生姜は薄切りにして、塩をまぶしてしばらくおきます。
水気が出たら、ふきとります。
醤油、酢、砂糖(できればザラメ)を1:1:1で混ぜ、新生姜を漬けます。
冷蔵庫で保管して、1週間ぐらいおきます。
できあがり。

この醤油:酢:砂糖=1:1:1の漬け汁は、和裁の先生に教えてもらいました。
大根でもらっきょうでも何を漬けても美味しいです。
鷹の爪を一緒に入れてもいいです。
ただ、この配分だと結構甘いので、私は、砂糖は0.6ぐらいにしています。

Slice the spring gingers and salt.
Keep them for a while and paper dry.
Mix 1/3 soy sauce,1/3 vinegar and 1/3sugar.
Marinade the gingers in it.
鶏肉の甘辛炒め Spicy and sweet chicken

暑い日が続いています。
こんなときこそ、しっかり食べて汗をよくかいたほうが、ばてないみたいです。
唐辛子を使って、汗をかきます。

味噌と酢とみりんを混ぜておきます。
フライパンを熱して、切った鶏肉、鷹の爪、玉ねぎを入れてじっくり炒めます。
出た油をキッチンペーパーなどで取り除き、強火にしてニラを加えます。
軽く塩をふって、味噌だれを入れてざっと混ぜます。
できあがり。

鶏もも肉を使うと、皮から脂が出るので、炒め油はなくても大丈夫です。
汗をかきながら、ビールとともに。
ああ幸せ!

It is so hot every day.
Eating a full meal and sweating is effective to beat the summer heat.

Mix miso,mirin and vinegar.
Fry the chicken,onions and chili pepper.
Add the Chinese chives.
Add a little salt, put the miso sauce.
今年の梅干し
写真
エリンギ炒め Fried eryngii and pork
写真 (1)
そういえば子どものころはエリンギって食べたことなかったなあ、とwikipediaを調べたら、1990年代に愛知県林業センターで初めて人工栽培が行われたそうです。
なるほど!

エリンギは手で裂きます。
フライパンで豚肉を炒め、つづいてエリンギを入れて炒めます。
切ったクレソンを加え、塩こしょうで味付ます。
できあがり。

もとはイタリア、フランスなど地中海性気候地域を中心とした地域が原産だそうです。
味や香りはシイタケほどないけれど、歯ごたえがよくて、炒め物によくあいます。
打ち豆ごはん
写真 (1)
糖質制限食だとか、一日一食だとか、
食に関する健康法は山ほどありますが、私の場合は「食べたいときに食べたいものを食べる」です。
暑いこの時期は、まずお肉、ときどきご飯が食べたくなります。

米は洗って冷やかします。
うち豆は5分ほど水につけます。
鍋に米とうち豆、水、酢、塩少々をいれて炊きます。
できあがり。

この時期、お酢を少しいれると傷みにくくなります。
梅干しをいれて炊いても美味しいです、


なすとししとうの味噌炒め Fried eggplants and pepper with miso sauce
写真
先日いった斉藤酒場の冷たいナスの味噌炒めがとっても美味しかったので、真似してみました。
意外にさっぱりしています。
酒肴にはもちろん、白いご飯にもぴったりです。

ナスは細切りにして塩水につけます。ししとうはへたを手で取ります。
フライパンに油を熱して、ナスとししとうを炒めます。
火がとおったら、味噌、みりん、砂糖を混ぜ合わせたものを加え、ざっと混ぜます。
粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やしてできあがり。

夏なので味付けは甘目のほうが食べやすいと思います。
ナスは塩水につけると、あくが抜けるととともに、膜になって油を吸いにくくなるそうです。

Cut eggplants and soak them in salt water.
Cut off the tip of peppers.
Mix miso,sugar and mirin.
Put oil in the pan and fry eggplants and peppers.
Add miso sauce.
Let it cool in the refrigerator.
鶏肉とバジルの炒め物 Fried chicken with basil

暑い一日となりました。
でもあちこちでクーラーがかかり始めたので、野生児(?)の私は弱っています。
そんななか、お庭でとれたバジルをいただきました。
なんていい香り!これで元気回復です。

鶏肉は一口大に切って、フライパンで炒めます。
火がとおったら、塩コショウで味付けます。
バジルをいれてさっと炒めてできあがり。

ビールにも白ワインにも、冷酒にもよーくあいます。
これで明日からまた元気です。




斉藤酒場(十条) Saito sakaba @Jujo -Japanese bar
写真
お店の前を通りかかったとき、なんだかここのお店よさそう!という空気を感じることがあります。
このお店も5年ほど前にそうやって見つけたお店。
創業昭和3年です。

Here is one of my favorite bars,which was opened in 1928 in Jujo,Tokyo.

写真 (1)
テーブルもなんともいい色です。
ところどころ傾いています(笑)

antique table.

写真 (2)
品書きは季節によってかわります。
定番のポテトサラダはまず頼んでしまう一品です。
コロッケも美味しいです。

Everything is reasonable price and good taste.
I recommend potato salad.
高野豆腐とししとうの煮物  freeze-dried bean curd and pepper served cold
写真
夜中は涼しいくらいだったのに、朝からかんかんと日が照りつけています。
こんな日は冷たい口当たりのよいものが欲しくなります。
これも冷やしても美味しい煮物です。

高野豆腐は水につけて戻し、一口大に切ります。
ししとうはヘタをとります。
鍋に水と昆布を入れて火にかけ、醤油、塩、みりんを加え、煮立ったら高野豆腐とししとうを入れて煮ます。
高野豆腐がふっくらしたら火を止め、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。
できあがり。

煮汁が口の中にじゅわっと広がって美味しいです。
作り置きもできます。
映画「オロ」

映画「オロ」を見てきました。
6才のときに家族と離れてチベットからインドに亡命してきた男の子のお話です。

インド北部にヒマラヤ山脈を望むDharamsala(ダラムシャーラー)という町があります。中国から迫害を受けたチベットのダライ ラマ14世は亡命して、ここを拠点としました。
この山の麓Dharamsalaから4キロほど登ったMcLeod Ganjに、Tibetan Children's villageがあり、チベットから亡命してきた子供たちが寄宿しながら勉強しています。

映画は主人公のオロを始め、子供たちの日常を映しながら、チベットの現状を語っています。
ある姉妹の父親は、映画を撮影して中国当局に捕まり、投獄されています。母親はDharamsalaでパンを売りながら夫の無実の罪を訴え、子供たちを育てています。
ある男の子は亡命を試みますが中国政府につかまり、やはり投獄されました。保釈されたあと、2度目の亡命を試み、今度は無事にインドに渡ることができたことを、涙を流しながらカメラに向かって語ります。

でも子供たちの屈託のない笑顔と、自然の美しさに心が洗われます。
とてもいい映画でした。
監督は日本人の岩佐寿弥氏です。
www.olo-tibet.com/
いなだの昆布〆

雨の一日でした。
こんな日は、おからを炊いたり、きゅうりを浅漬けにしたり、いろいろしています。
お刺身もこんなふうにしてみました。

好みの刺身(さく)を、昆布ではさみます。
ラップで巻いて冷蔵庫で半日ほどおきます。
切って器にもります。
できあがり。

これだけですが、味がぎゅっとしまってとっても美味しくなります。
添えたのは青じそ。お庭でとれたのをいただきました。
醤油は梅醤油。醤油に青梅をつけたものです。
これだけで、お酒、四合瓶があけられます。



玄米炒飯 fried brown rice
写真 (1)
玄米が好きで、ときどき炊きます。
玄米を一昼夜ほど水に浸しておくと、発芽して、泡がふつふつ出てきます。
そうしたら、水を何度かかえて洗い、それから炊くと、柔らかい美味しい玄米ご飯になります。

フライパンで、生姜とネギのみじん切りを炒めます。
続いて、炊いた玄米を加え、鍋肌に押し付けるように炒めます。
溶いた玉子を加え、強火でざっと炒めます。
塩と醤油で味付けてできあがり。

玄米に味があるので、こんなシンプルな具でも美味しいです。
栄養もあるので、これからの暑い夏もばっちり乗りきれます!
油揚げとししとうの焼き物
写真
暑い一日となりました。
でも、やはり夏はこうでないとです。
今夏は、しし唐辛子がよく出回っています。
これも夏の野菜です。

油揚げは短冊に切り、ししとうはヘタをとります。
フライパンで焼きます。
器にもり、醤油と七味唐辛子をふります。
できあがり。

ビールにぴったりです。
しし唐辛子のへたは、ずっと包丁で切り落としていたのですが、最近手で千切るほうが簡単なことに気が付きました。
へたの部分だけが、きれいにとれます。

葱焼き green onion pancake
写真 (1)
東京は午後になって雨が降り出しました。やはり梅雨時です。
ネギというと、関東は白ネギ、関西は青ネギを使うことが多いです。
中間の名古屋出身の私は、どちらも好きです。

白ネギは小口切りにします。
ネギ、かつお節、小麦粉、水を混ぜます。
フライパンに胡麻油をしいて、両面焼いてできあがり。

ソースは好みで。私は七味唐辛子と醤油です。
おつまみにぴったりです。
大阪のネギ焼きを一度食べてみたいなあと思っています。
ひじきとえのき茸の梅マヨ和え
写真 (1)
毎年梅干しは漬けているのですが、食べきれなくて、ちょっとずつ貯蔵が増えています。今年は漬ける容器をさてどうしよう、と悩んだくらいです。
でも、年を経た梅干しはまろやかになって美味しくて、またつけるのも楽しくて、やっぱり漬けてしまうのです。
今宵はそんな梅干しを使った酒肴です。

ひじきは戻します。
沸騰した湯で、戻したひじきとえのき茸を茹でます、
ボールに水けをきったひじきとえのき茸を入れ、刻んだ梅干し、マヨネーズ、酢で和えます。
できあがり。

ひじきというと煮物にすることが多いですが、
こんな和えものも美味しいです。
フレンチドレッシングともよくあいます。
らっきょう甘酢漬け

梅雨のシーズンは大忙し。
らっきょうは漬けないとですし、梅干しも漬けないとです。
塩漬けにしてたらっきょうを本漬けしました。

泥付きのらっきょうは洗って、上下を切り落とし、薄皮をむいて、塩水に漬けます。
二週間ぐらいしたら、ざるにあけ、天日に1,2時間干します。
酢と砂糖を合わせて火にかけ、甘酢を作ります。
らっきょうを瓶につめ、唐辛子を入れて、冷めた甘酢を注ぎます。
できあがり。

らっきょうはすぐ芽が出てくるので、
買ったら、とにかくすぐに処理します。夜なべ仕事です。
食べられるのはもう少し先。
いまから待ち遠しいです。




プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。