*All archives* |  *Admin*

2013/07
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中越後への旅 その3 Niigata trip 3
DSC00148.jpg
初めて訪れた長岡市内も歩いてみました。
実は明治生まれの父方の祖父はこのあたりの出身。
生まれる前に亡くなってしまったのですが、現在もある長岡高専に通っていたそうです。

DSC00258.jpg
長岡は昭和20年8月の空襲でほとんどが焼けてしまったそうで、建物や町は全体に新しいです。
山本五十六の出身地のため、標的とされたそうです。
そんな中不思議だったのが、このような長い軒。

DSC00260.jpg
そして屋根からあがる梯子。
いずれも雪対策だそうです。
昔は雪で道路のかいが見えなかったそうです。

DSC00261.jpg
戊辰戦争でも大変な被害を受けました。
ここは新政府軍が信濃川から上陸したところ。
長岡市の広報ビデオでは「戊辰戦争と第二次世界大戦の空襲で壊滅的な被害を受けた」と言っていました。
戊辰戦争が、まだそこに生きているのだなあと感慨にひたりました。

8月2、3日は長岡花火です。
スポンサーサイト
中越後への旅 その2 Niigata trip 2
DSC00232.jpg
花火のあとは美味しい鮎を食べに出かけてきました。

DSC00236.jpg
信濃川で獲れる天然の鮎です。

DSC00227.jpg
ピチピチとした鮎を職人気質のおじさんが串に刺しています。

DSC00229.jpg

DSC00244.jpg
囲炉裏で焼かれ、まさに焼き魚の基本、遠火の強火です。
信濃川を眺めながら気長に待ちます。

DSC00246.jpg
鮎は香魚とも書きますが、本当にそのとおり。
こんな瑞々しい美味しい鮎は初めて食べました。
頭から骨も全部ぺろりです。

浦佐の駅からほど近い浦佐ヤナです。9月は子持ち鮎になるそう。
来月もまた行こうと思います。
ちなみに、魚沼産コシヒカリ、ご飯もとっても美味しいです。
中越後への旅 その1 Niigata trip 1
DSC00149.jpg
週末、新潟は柏崎の花火へ出かけてきました。
花火といえば、信濃川から上がる長岡花火が有名ですが、日本海から上がる柏崎花火も負けていません。
その長岡から信越本線に乗って柏崎へ。

I went to Kashiwazaki in Niigata prefecture to watch the Kashiwazaki fireworks.
DSC00152.jpg
駅から25分ほど歩くと会場である砂浜に着きます。
贅沢にも椅子席で鑑賞です。
遠くに柏崎原発が見えます。

DSC00155.jpg
もちろんお供にはビール。
新潟の地ビール、エチゴビールです。

Beer goes with the fireworks.so good.

DSC00156.jpg
夕日が美しい。
新潟はまだ梅雨明けしていないそうですが、幸い天候に恵まれました。

sunset over the sea.

DSC00165.jpg
Fireworks exploded in the night sky from the Japan Sea.

DSC00204.jpg
DSC00189.jpg

DSC00176.jpg
柏崎花火 fireworks in Kashiwazaki,Niigata









初めて見にきました。
海から上がる花火です。
茄子の肉味噌和え fried eggplants with miso sauce
写真 (1)
お家で育てたバジルの鉢植えを分けていただきました。
すくすく元気に育っているのに、勿体なくて摘むことができません。
でも摘まないと、大きくならないし、葉は固くなるばかり・・・

肉味噌を作ります。
鍋にごま油を入れて、生姜のみじん切りを炒めます。
香りが出たら、豚ひき肉を入れて、色が変わるまで炒めます。
味噌、みりん、酒、砂糖を加えて焦げないように練ります。
茄子は乱切りにして、塩水につけあく抜きし、油で炒めます。
茄子の上に肉味噌とバジルをのせてできあがり。

と、初摘みのバジルでした。
味噌とよく合います。

Make the miso sauce.
Fry the minced pork and ginger in sesame oil.
Add the miso,mirin,sake and sugar and stir to prevent burning.

Cut the eggplants and soak them in salt water.
Drain and fry them.
Serve on a plate and put the miso sauce and basil.
枝豆のおひたし soybeans with dashi
写真
東京都心に出ると、意外にアブラゼミよりミンミンゼミの声を多く聞くような気がします。
アブラゼミよりミンミンゼミのほうが暑さに弱いと聞いたので不思議に思っていたら、ミンミンゼミの幼虫は乾燥した土を好むそうです。
ヒートアイランド現象のせいでしょうか。うーん、それも問題です…。
そんなセミに思いを馳せながら、今宵も枝豆です。

カツオ出汁をとって、醤油と塩で薄く味付け、そのまま冷まします。
枝豆は塩でゴシゴシ洗ってから茹でて、殻から取り出します。
出汁に剥いた枝豆を浸して、冷蔵庫で冷やします。
できあがり。

同じ枝豆でも、こうするとビール!よりも冷酒!といった気分になります。
お匙でつるんといただきます。

かつお節たっぷりお素麺 Japanese vermicelli with dried bonito flakes
写真 (1)
先日参加した白瀧文化祭の「かつおぶしを楽しむ会」
そのときのお土産に、足立食品さんの花かつおをいただきました。
今宵はかつお節がメインのお素麺です。

出汁をとります。
沸騰したお湯に鰹節を入れて、しばらく煮立てます。
漉した出汁に、醤油、みりん、塩少々を入れてお汁を作ります。
オクラは板擦りして刻みます。
ナスは細かく刻んで塩をし、水気が出たらぎゅっとしぼり、オクラとあわせます。
茹でた素麺を器にもり、上にナスとオクラをのせてお汁をかけます。
花かつおをふってできあがり。

足立食品の足立さん曰く、ある程度煮立てないとしっかりした出汁はとれないそうです。
ちゃんととった出汁はこれだけで美味しい。
日本のUmami、偉大です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Umami

There's nothing like Japanese vermicelli during the summer.
Broth from dried bonito and Japanese vermicelli are Japanese traditional diets.
ビールに枝豆! boiled soybeans and beer!
写真 (1)
東京はここ数日すごしやすい日が続いています。
でもやっぱり夏といえばビール。
ビールといえば枝豆。
枝豆はあれば枝についたままの方が美味しいです。

枝豆はキッチン鋏で枝から切り落とします。
ボールに枝豆と塩を多めにいれ、ゴシゴシ混ぜて産毛を落とします。
洗って、茹でます。
ざるにあげて、熱いうちに塩をふります。
できあがり。

隣は銅のビアカップ。
ビールを注ぐとカップごときゅっと冷えて、第三のビールでも美味しくなります^^

In the hot summer,boiled soybeans and beer go together.

Rub soybeans with salt.
Wash the soybeans and boil.
Salt them while they are hot.
白瀧文化祭 SHIRATAKI cultural festival at Shirataki kimono shop
DSC00130.jpg
板橋区と練馬区の境に、白瀧呉服店という老舗呉服屋さんがあります。
ただいま白瀧文化祭開催中。
その中の「かつおぶしを楽しむ会」に出かけてきました。

DSC00132.jpg
お店の中の和室に並ぶ数々の鰹節!
こんなにあるとは知らなかったです。
講師は足立食品の社長さん。
関西と関東で鰹節が違うこととか、美味しい出汁の取り方など、とっても勉強になりました。
DSC00135.jpg
白瀧呉服店のお庭です。
ここが都内とは思えないような静寂な場所です。

DSC00140.jpg
鰹節の削り体験もしました。
子供のころ手伝いをさせられたのですが、いつも粉々。
今回、上手な削り方を教えてもらいました。
削りたての鰹節は美味しい!これだけで酒肴になります(笑)

DSC00134.jpg
足立さんのお話のあと、鰹節を使ったお料理と流しそうめん!
右側にある竹が流し素麺用の細工です。
このために作られたものだそうです。

一日満喫。
白瀧文化祭は21日まで、他にもいろいろやっています。
夏のネバネバ和え




こう暑いと食欲がなくなって、夏バテしやすくなります。
口当たりはよくて、でも栄養のあるもの、というわけで今宵はこんな酒肴になりました。

ナメタケを作ります。
えのき茸は半分に切って割き、醤油、みりん、酒を一対一対一で入れて煮詰めます。
オクラは塩でもんで洗い流し、小口切りにします。
納豆は混ぜます。
メカブ、冷めたナメタケ、オクラ、納豆を混ぜ、三杯酢で味付けます。
刻んだ大葉をのせて、できあがり。

冷やすと一段と食べやすくなります。
素麺や冷奴にかけても美味しいです。
ナスの辛味ソース和え steamed eggplants with hot sauce
写真 (4)
暑いです。
都会はコンクリートジャングルのせいか、夜になっても冷えずむわっとしています。
でもクーラーもつけず、元気です。

ナスは縦半分に切って、塩水につけアク抜きします。
鍋でナスを蒸し、粗熱がとれたら、手で割きます。
醤油、酢、砂糖、胡麻、一味唐辛子を混ぜたものにナスを漬けて、冷蔵庫で冷やします。
器に漬け汁ごと盛り、刻んだ大葉と青葱をのせます。
できあがり。

ナスや胡瓜、トマトといった夏野菜は体を冷やします。
自然は上手くできているなあと感心します。
街もアスファルトやコンクリートで固めず、土の歩道があったり、舗装しない自然のままのところをもっと増やしたらいいのになあと思います。
牛肉の味噌漬け beef with miso
写真 (3)
梅雨らしい雨もないまま、いつの間にか梅雨が明けてしまった関東です。
例年より15日も早いとか。
熱中症にならないように、スタミナをつけないと、というわけで今宵は「肉」です。

味噌と酒を混ぜてほどよい固さにします。
牛肉ステーキ用を味噌につけて、一晩おきます。
味噌を落として、グリルで焼きます。
できあがり。

赤ワインにはもちろん、芳醇な日本酒にも合います。
もちろんご飯のお供にも!

The rainy season ended,it is very hot every day in Tokyo.
Eat well and keep up your stamina!

Mix miso and sake.
Marinate the beef in miso overnight.
Grill the beef.

キュウリの梅肉和え cucumber with umeboshi
写真 (2)
温度が低いせいか、梅雨のわりにすごしやすい日が続いています。
でも今日は全国的に雨。
雨不足は少し解消されたでしょうか。

キュウリは板ずりをしてさっと洗って塩を落とします。
まな板の上にキュウリをおいて、麺棒などでたたいて割ります。
適当な長さにきって、刻んだ梅干しと和えます。
できあがり。

板ずりをすると、緑の色が鮮やかになります。
雨の日にもさっぱり食べられる酒肴です。






ホタテといんげんの炒めもの fried ingen and scallop
写真 (1)
クチナシの花がいい香りです。
昔住んでいた名古屋の家の庭にこの花があったのですが、香りが強いのと大きなイモ虫が付くので苦手でした。
今は好きな花です。

フライパンにオリーブオイルをいれてインゲンを炒めます。
焼き色がついてきたら、茹でたホタテを加えます。
塩、胡椒してできあがり。

白ワインとも日本酒ともよくあいます。
もちろんビールにも!
伊根の舟屋 その2 Funaya in Ine,Kyoto
DSC09321.jpg
京都の端っこ、伊根にも酒蔵はありました。
「京の春」が銘柄の向井酒造です。
美しい町並みに溶け込んでいます。
DSC09331.jpg
DSC09332.jpg
町のあちこちにカモメがいます。
都会のカラス並みの数です。

DSC09366.jpg
珍しいものを見つけました。
こちらの地方はこのようにお地蔵さんに彩色するようです。
ユーモラスなお地蔵さん。
何か意味があるのかなあ。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。