*All archives* |  *Admin*

2013/11
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
針仕事


お休みの日、コースターを作ってみました。

昔は雑巾もまともに縫えなかったのに、和裁を習い始めてから針仕事は苦にならなくなりました。
ちなみに和裁の先生は、最初に私の運針をみて、大丈夫かとたいそう心配されたそうです。(数年後に打ち明けられました。)

でも、ミシンはいまだに怖くて使えません…。
スポンサーサイト
職人技

雨が降って真冬のような寒さとなりました。
温かいおでんや汁物が恋しくなります。

煮物やお汁の出汁は、本節をひいているのですが、先日、この鰹節削り器をぶつけて歯が引っ込んでしまいました。
叩いてみたのですが、なんとも動きません。
幸い、お店の筋向かいのお家は現役を引退した大工さん。
削り器をもって訪ねてみたら、二つ返事で引き受けてくれました。

歯の出具合を見ながら、金槌でコンコン。
あっという間に直してくれました。
職人技、かっこいい!
惚れ惚れしました…。
信州への旅その7 信州の秋の味覚












このほか山栗、むかご、きのこ、蕎麦粉などいろいろです。



信州への旅その6 南信州酒メッセ

岡谷から飯田線に揺られて2時間。
降りたのは飯田駅です。

ここで行われる南信州酒メッセに参加します。

30近い蔵元が集まって大にぎわい。
入口でぐい呑みをもらい、それを片手に蔵元巡りです。


美味しいお酒、いろいろ見つけてきました!
信州への旅その5 飯田線


大糸線から松本で中央線に乗り換え、さらにまた岡谷で乗り換え、飯田線に。
北信州から南信州へと向かいます。


飯田線からの景色。
有名な市田柿のとれる市田あたりです。
車窓からの景色は南アルプスに柿畑です。
信州への旅 その4 朝の北信州

一晩で白馬の山々は雪化粧です。
白馬には山に7回雪が降ると、麓にも降ると言われているそうです。


朝の大糸線からの景色、木崎湖です。
信州への旅 その3 新蕎麦



白馬のお蕎麦やさん、力(りき)にて、新蕎麦いただきました!
信州への旅 その2 白馬の農産物


白馬で地元の人に分けていただいた、ねずみ大根と林檎です。
ねずみ大根はとても辛い大根で、蕎麦とよくあいます。
白馬の人たちは、このねずみ大根の成りがよくないと、その年は蕎麦を食べない、というぐらいだそうです。

ひょろひょろとしたヒゲが、ねずみの尻尾に似ているから、この名がついたそう。
確かになんだか形も似ています。
信州への旅 その1

もり山での「信州祭り」開催のため、長野に仕入れにきています。
今日は白馬にやってまいりました。
左から、槍ヶ岳、杓子岳、白馬岳です。


すでに稲刈りも終わり、冬支度が始まっています。
夕方には10度近くに冷え込んできました。



今日の収穫は、蕎麦粉、きのこ、山胡桃、山栗、辛味大根、むかごなどなどです。
信州祭り、どうぞお楽しみに!
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。