*All archives* |  *Admin*

2015/01
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前掛け完成!kimono apron
unnamed (1)
今年に入ってから、仕事のとき割烹着でなくてたすき掛けして前掛けをしています。
昨年、あまりに”割烹着”が話題になったから・・・なーんてことはなくて、前掛けだったら自分で作れるから、です^^
というわけで、家にある端切れで作ってみました。

ミシンは怖くてよく使えなくて(なので持ってなくて)、ちくちく夜なべ仕事です。
反物をはいで、二幅にしました。(もうちょっと柄合せ考えればよかったかも・・・)
unnamed.jpg
なんとなく完成!
あっポケット忘れてた!
鍵を入れたりなんだりポケットがあると便利なのです~。もうひと仕事。
スポンサーサイト
栃尾油揚げのねぎ味噌焼き
20150120205543304.jpg
長唄三味線の先生からお土産にいただいた栃尾の油揚げ。
新潟県長岡市、栃尾の名物です。
普通の油揚げの長さも高さも倍はあります。

栃尾油揚げの上に味噌と葱をのせます。
グリルで焼きます。
できあがり。

たったこれだけなのに、もうとーっても美味しいおつまみになります。
お味噌はぜひちょっと上等な美味しいお味噌で。
ちなみに栃尾油揚げの店は幾つかあるそうなのですが、これはグルメな師匠一押しの店の油揚げです。
先生、いつもご馳走様です!

My shamisen teacher gave me "Tochio-aburage(deep fried tofu)" which is a local food in Tochio, Nagaoka city, Niigata prefecture.
It is twice the size of a regular one.

Put miso and sliced green onion on the " Tochio-aburage".
Grill it until browned.

It goes with sake very much!

船場汁 senba jiru (salted mackerel soup)
201501182133052bb.jpg
久しぶりに料理です〜。(毎日作ってはいるのですが^ ^)
寒いこの時期、旬の魚の一つが鯖。
もう丸々太って脂がのって、しめ鯖にすると絶品です(お店でもよく出しています)。
その残りを使って、こんな一品(賄い)です。

鯖の骨、頭などアラをブツ切りにして、塩を強めに降り、冷蔵庫で数時間おきます。
鍋に昆布と塩をした鯖のアラをいれて火にかけます。
沸騰したらアクをとり、ブツ切りの葱を入れます。
葱がくたっとなったらできあがり。

船場汁とは、大阪の船場で生まれた料理だそうです。
味付けは鯖の塩で十分です。(薄かったら塩を足して)
簡単なのにとっても美味しくて、体の中からポカポカと温まります。
葱のほか大根などもぴったりです。


韓国旅行雑感


韓国滞在最終日、地下鉄が遅れました。
定刻にやってこず、構内放送で何か駅員さんが喋っているのでおそらく電車が遅れていると言っているのかなあと思いました。
(韓国語はさっぱりわかりません…)
韓国ソウルの地下鉄はすべて自動音声によるアナウンスでした。

東京に帰ってきて思ったのが、地下鉄の構内放送の過剰なこと。
自動音声アナウンスと同じことを駅員や車掌が繰り返します。
「1番線に××行きの電車が参ります」
「えー1番線、××行き電車が参ります。ご注意ください。」
(このまえは「今日の天気は晴れです」とまで車掌が喋っていました。)

これは言葉の分からない外国人にとっては「何か特別なことを喋っているのでは」とかえって不安になるのではと思いました。
その他「足元に注意しろ」「離れて待て」「ホームドアにもたれかかるな」などなど大きなお世話ともいえる放送も目立ちます。
もう少しスッキリとした放送のほうがスマートでは?
韓国の旅 Trip to Korea 10 〜帰国 flight back
20150111194357588.jpg
例によって離陸も知らず、目覚めたら富士山でした。
201501111943192d3.jpg
頭を雲の上に出し~♪
20150111194357d83.jpg
富士は日本一の山~♪
韓国の旅 Trip to Korea 9 〜美笑 Miso
20150111194218f63.jpg
零下になるソウルでは寒さに強くてもさすがにずっと外にはいられません。(耳がしもやけになります!)
ので、夜はお芝居を見に行くことにしました。美笑(ミソ)という伝統芸術公演です。
http://www.chongdong.com/index.do

李氏朝鮮時代の両斑(リャンパン)を風刺した物語でしょうか、チェジュ島に赴任した堅物の両斑高官を、美人に誘惑させてひっかかった両斑をみんなでからかうという内容。
(ついでに両斑は奥さんからも責められます)
前半ややくどいところもあったのですが、伝統楽器の生演奏に、舞踊、三鼓舞や農楽と、とーっても面白かったです。
特に打楽器を打ちながらの男性の農楽はもうアクロバット!どうして太鼓をたたきながら、首を振ってまるで連獅子のような動きができるんだろうとびっくりです。
2015011119421828c.jpg
舞台終了後の俳優さんたち。

20150111194218989.jpg
終演後、近くに屋外スケートリンクがありました。
ただいま整氷中のようです。
20150111194218c20.jpg
面白いのが、スケートリンク開放前に体操があること!
プールと一緒だ!
氷上の監視員(?)がピッピと笛を吹きながら、子供たちが腕を回したり、屈伸したりしてます。
2015011119431927d.jpg
スケートリンク近くのロッテホテル。


ちなみにこの日食べたご飯です。
20150111194218f2a.jpg
冷たくて頼んでからしまったーと思った辛い麺。
20150111194319c8b.jpg201501111943190b5.jpg
オデュン。
おでんです。
韓国の旅 Trip to Korea 8 〜京東市場 Kyungdong market
ソウルの巣鴨かと思うほどの京東市場。
薬令市の隣はとっても大きな食料市場でした。これがおばちゃんたちで一杯の要因でした!
201501111941045bd.jpg
市場はこのような建物もあれば
20150111194104836.jpg
アーケード街もあれば
201501111941049f9.jpg
露店もあります。これはニンニク。

2015011119410431c.jpg201501111958241ba.jpg
魚。
烏賊は日本では「1パイ、2ハイ・・・」と数えますが、韓国は「4マリ」みたいです。
(ハングル読み、かなりアヤシイです…)
20150111193916dd8.jpg2015011119391636b.jpg
肉。
お兄さんが、出刃包丁で鶏肉をさばいて内臓をとっていました。
豚肉屋さんは大繁盛。
うーん、買って調理してみたい!!
20150111194104bf3.jpg
朝鮮ニンジン。

見ているだけで面白くて飽きないのですが、なんせ寒いのです・・・。
韓国の旅 Trip to Korea 7 〜京東市場
20150107214316e3b.jpg
ソウルの北東に薬令市があるというので来てみました。
降りたのは祭基洞(チェギドン)駅。
降りた瞬間、ここはソウルの巣鴨かと思いました。
20150107214316c1d.jpg
ここが薬令市の門。
漢方の香りがぷーんと漂います。
20150107214316cfb.jpg
よくわかならいけど、いろんなものが並びます。
20150107214316d1c.jpg
これは煎じ薬を作る機械みたいです。
これがあったら韓国の人みたいにお肌ツルツルになれるのかしらん。
20150107214316da7.jpg
鹿の角とか何かの根っことか、キノコ類とかあらゆる乾物がならんでいます。
20150107214456af1.jpg
近寄ってみたらムカデでした…。
まあ、こんなに綺麗に束ねられて。
これは何に効くのかなあ。
韓国の旅その6 Trip to Korea6 〜2日目晩御飯 Dinner on the 2nd day
韓国田舎定食!
2015010721203162f.jpg
20150107212031bb3.jpg
2015010721203130e.jpg
20150107212031ed3.jpg
20150107212031951.jpg
翌日16時までお腹がもちましたー。
韓国の旅その5 Trip to Korea 青瓦台と北村
20150107205425197.jpg
景福宮(キョンボックン)をさらに北へ抜けると、青瓦台がありました。
あれ、青瓦台って聞いたことあるけど大統領の住むところだっけ、と近くにいたお巡りさんに聞いたら、そうだよ、と教えてくれました。
20150107205425b49.jpg
青瓦台に通じる道は歩くのは煩く言われませんが、車はチェックしているみたいです。
20150107205425b5f.jpg
あと、歩くのも青瓦台側の歩道は歩けません。
なんとなくそんな感じがして、試しに渡ろうとしたらやっぱりお巡りさんに止められました( ´ ▽ ` )ノ
20150107205425bc9.jpg
そこから東へいくと北村(プクチョン)。
伝統的住宅が並ぶ高級住宅街です。
201501072054258f3.jpg
こんなにiPhone自撮り棒(正式名称をなんというのか知らない)を持つ人々を見たのは初めて。
年代の差を痛感した次第でございます。
20150107205513958.jpg
門を開けるとこんな中庭があって、玄関となります。
ここは見学ができて、室内はオンドルで暖か!
201501072055132d0.jpg
こんなに観光客がいたら大変だろうなあと思ったのですが、いまは会社社長さんたちの接待用別荘といった感じで使われているそうで、住んでいる人は少ないそうです。
2015010720542537b.jpg
韓国の旅 その4 Trip to Korea 4 景福宮
20150107203500959.jpg
先ほどの世宗大王像をさらに北へあがると、景福宮(キョンボックン)、李氏朝鮮時代の王宮で、とっても広いです。
20150107203500342.jpg
ちょうど衛兵の交代式をやっていました。
昔の衣裳などを再現しているそうです。
20150107203500ae2.jpg
華やかでかっこいい!
銅鑼が鳴って太鼓が鳴って、きっと江戸時代の朝鮮通信史もこんなかんじで、江戸の人たちもワクワクしながら見ていたのかなあ。
2015010720350062f.jpg
この奥へずーっとずっと続きます。
宮殿ごとも移動も大変だっただろうにと思ったのですが、エライ人はきっと歩かないですね。
201501072035006ee.jpg
201501072035007c2.jpg
池は凍ってました。
でもこれでもこの日は暖かだそうです。
韓国の旅 その3 Trip to Korea 明洞と光化門広場
201501071929163fc.jpg
初めて明洞(ミョンドン)を歩いてみました。
20150107192916d84.jpg
でも化粧品とかあまり(全然)興味ないので(笑)、素通り。
途中でこんなクラシック音楽に関する本屋さんを見つけました。
20150107192916b64.jpg
目的地は明洞聖堂。
1800年代の終わりに建てられたカトリック教会です。
すっきりとした美しい造りです。
20150107192916df7.jpg
教会の中。
韓国は宗教人口の約半分がキリスト教徒だそうです。
2015010719431866c.jpg
続いてソウル市内を流れる清渓川(チョンゲチョン)。
この川は1960年代に暗渠化されましたが、2000年代に入って復刻されたそうです。
人工の川ですが、やはり街中に水辺があるのは嬉しいもの。
20150107194318ded.jpg
光化門広場へ向かうと、テントを張って署名活動をしています。
韓国語はさっぱりなののですが、高校生と見られる写真がたくさんあったので昨年4月のセウォル号沈没事件に関する署名のようです。
あとで聞いたら黄色いリボンが目印だとか。
まだ終わってないんだなあ。
20150107194318065.jpg201501071943181b4.jpg
さらに北へ上がって、李舜臣将軍像と世宗大王像です。

ここにも出てきます。
World Order



韓国の旅その2 Trip to Korea 2〜1日目晩御飯 dinner at first night
150104-8
夕飯は何にしようかなあとふらふらしたら、キムパ屋さんを発見。
キムパは、韓国版海苔巻きです。
150104-7201501071907102cd.jpg
野菜キムパを注文したら作り始めます。
キムパは、寿司飯でなくて、普通のご飯に野菜や玉子、ツナなどを巻いたもの。
海苔は胡麻油のついた韓国海苔です。
作るときは巻き簀をつかわず、手だけで綺麗にぎゆっと巻いています。
201501071907107e2.jpg
出来上がったキムパ。
美味しいです。
20150107190710760.jpg
と、マッコリを合わせて。
マッコリはお米の発泡酒。
度数は6度くらいです。
コンビニ(セブンイレブン)で、四合瓶200円弱。

その他近所のスーパーにて。
150104-11
150104-12
150104-13
魚はスーパーの外に並んでいました。
確かに暖房の入った店内より、寒くて冷蔵にぴったりです。

新春四日 韓国

飛行機に乗って、やってきたのは韓国ソウルです。
陸路でいった名古屋より早くつきました(鈍行と飛行機だから当たりまえ…)

ソウル駅前。
氷点下の寒さなのですが、意外に平気でした。
厚着してるのもあるけど、風がないからかなあ。

夜に散歩。
韓国は道端でいろいろなものが売っています。これは絵。
絵は初めて。店番はおばちゃんで、描いた人ではないようです。

これはDVD。
こんな寒い中、買う人いるのかなあ。
新春四日 New Year 4th


成田空港にて、昨日までの陸路から今日は空路です。

乗るのはこのキティちゃん飛行機ではありません…。

I am in Narita airport.
I traveled on a train until yesterday,but I will take a trip on a plane.

I will not board a Kitty plane.
新春三日 富士山Mt.Fuji
DSC00223.jpg
正月三日は富士山。
東京へ戻る電車の中から本当に綺麗に見えました。
DSC00226.jpg
頂上は吹雪いているのでしょうか。
富士山は独立峰なので、冬はとても風が厳しくて登れないそうです。
(と、元山男の父が言っておりました)
DSC00212.jpg
帰りものんびり鈍行旅。
乗り換えの興津駅で途中下車してみました。
DSC00217.jpgDSC00218.jpg
お正月の飾りが東京や名古屋とも違って面白い。
これも注連縄というのでしょうか。
駐車場の入り口などにも張られています。
DSC00214.jpg
興津の海。
気温も名古屋や東京とずいぶん違って、温暖です。
富士山も毎日見られて、静岡、いいなあ。

写真を撮っていて残念に思うのが、どこも電線が写り込んで美しさが半減されること。
観光立国を目指すなら(目指さなくてもですが)、景観の美しさにも気を配ってほしいものです。
相生山と徳林寺
DSC00188.jpg
二日目はお寺にいってきました。
名古屋市天白区にある徳林寺という御寺です。
こちらは曹洞宗ですが、ネパールなどからの留学生を受け入れたり国際交流が盛んなお寺です。
チベットの祈祷旗タルチョーが飾られていました。
DSC00189_20150103213358308.jpg
立派な鐘楼。
こちらは縁があってベトナムで作成されたものだそうです。
DSC00192.jpg
鐘から南を眺めます。
DSC00193.jpg
お寺の裏では僧坊が建設中でした。
建築計画には建築主と施工者とが同じ名前!ということは自前の建築!?
DSC00197.jpg
竹で足場を組み、
DSC00195.jpg
壁は土。
このあたりは竹林がたくさんあるので、自給自足でしょうか。ステキです!!
住職さんにお会いしてみたいなあと思いました。
DSC00205.jpg
お寺の北側は相生山という小さい山です。
DSC00200.jpg
名古屋市内とは思えないほど、自然がいっぱい。
キツツキのような鳥もいました。
DSC00201.jpg
竹林。

正月でもじっとしていられなくて、毎日散歩しています・・・。
新春二日 New Years in Nagoya
20150102124043923.jpg
新春二日、わー初夢覚えてない!と雨戸を開けたら初雪でした。
20150102124043d56.jpg
お雑煮に使う庭の小松菜も冠雪です。
2015010212404355e.jpg
すでに名古屋は融けましたが、日本海側や関西は雪で大変です。
謹賀新年
2015010123340045d.jpg
新年あけましておめでとうございます。
名古屋で迎えた新年、小雪の舞う中、鳴海にある成海神社にいってきました。
ここ鳴海(なるみ)は万葉集にも唄われた古い土地です。
20150102002506c69.jpg
現在の本殿は1677年の建立とか。

20150102003628477.jpg
境内の屋台には名古屋名物「どて煮」も並びます。

近くには信長が桶狭間へと下った古い街道もあります。
その近くにはこんな翁塚もありました。
20150102002506ac6.jpg
翁塚とは俳人松尾芭蕉を敬う全国の俳人たちが建立した碑で、この千鳥塚は1687年に建立され、字は芭蕉によるもの。
芭蕉が存命中に建てられた唯一の翁塚だそうです。
20150102002506aaf.jpg
裏には俳人連衆の名前が。

20150101233400324.jpg
こちらは散歩途中の新海池。
20150101233400798.jpg
黒い鳥は鵜のようです。
20150101233400c2b.jpg
2015010123340044c.jpg
こちらはなんでしょう?

生まれ育った名古屋ですが、奥深くてまだまだ知らないところいっぱいです。
今年もあちこち巡ります!
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。