*All archives* |  *Admin*

2015/08
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琵琶湖湖北への旅 その1 Trip to Biwako(The lake of Biwa) 1
DSC01196.jpg
夏休みの一日、滋賀県へでかけてきました。
名古屋からだと琵琶湖は近くて、泳ぎにいったり、高校の遠足で彦根城へいったこともありましたが、湖北へはいったことなかったんです。
というわけで今回の目的地は木之本です。
DSC01188.jpg
琵琶湖に浮かぶ竹生島。
謡曲や長唄でも「竹生島」という曲があります。長唄の竹生島は荘厳な素晴らしい曲です。
私の長唄師匠栄敏郎先生の師匠が、この竹生島で奉納にこの「竹生島」を演奏したら、お堂の扉がふわーと開いたとか。
DSC01166.jpg
まず、地蔵院へお参り。
御開帳は年に一回で拝見できませんでした。
DSC01169.jpgDSC01190.jpg
木之本は北国街道の宿場町として栄えたところ。
その古い家並みがたくさん残っています。
こちらは酒蔵。「七本槍」というお酒をつくっています(賤ヶ岳がすぐ近くです)。
DSC01170.jpg
軒下の輪っかは、馬をつなぐためのものだそうです。

DSC01168.jpg
こちらは本陣。
当主は日本で初めて薬剤師になった人だそうです。
DSC01195.jpg
こちらは三味線など邦楽器の糸(弦)屋さん。
この北国街道はシルクロードとも言われたぐらい、絹の生産の盛んなところだったそうです。
北の敦賀の辺りでは羽二重。
南の長浜辺りでは真綿。
そしてここ木之本では楽器糸だそうです。
「私が嫁に来たころは20軒ほど糸屋さんもありましたけれど、今は1軒だけになってしまいました」
ともう一つの酒蔵の上品なおばさまが教えてくれました。

DSC01192.jpg
どのお宅も素敵なのですが、車がびゅんびゅん通るのが難点。
ここ木之本だけでなく、どこももっと歩きやすい町にしたらいいのになあといつも思います。
スポンサーサイト
糸かぼちゃ


糸かぼちゃ、又の名を素麺かぼちゃ、本名は金糸瓜、ご存知ですか。
茹でるとこんな素麺みたいにほぐれる瓜です。
子どものころから大好物なのですが、東京ではなかなかお目にかかれません。
今回、出かけた長野県の道ばたで発見。わーい!

ラグビーボールのような大きさと形ですが、切るのは南瓜より簡単。
輪切りにして、種とワタをとり、20分ほど茹でます。
ざるにあげて、水をかけて冷やします。
手で揉むようにすると、自然とこのような繊維状になり、皮はぺろりとはがれます。
できあがり。

醤油やポン酢、マヨネーズなどお好みで。
もう丼いっぱい食べたいぐらい大好物です。
どこかで売ってないかなあ。




日本舞踊 お稽古場紹介!
日本舞踊を習っています。流派は坂東流です。

先日、この坂東流ホームページで我が坂東梢師匠の稽古場が紹介されました!
ぜひご覧ください。
坂東流ホームページ 稽古場訪問

余談その1
私の名取名は坂東胡さ枝といいます。
高校生のときからのあだ名をそのままに名前にしました。

余談その2
週二回の稽古時間は大体30分から1時間ぐらいですが、終わるともう浴衣は絞れるほど汗をかき、顔はゆでダコのようにないます。
板橋花火大会2015
20150802213153c2b.jpg
名古屋から東京に出てきて、はやウン年、初めて東京で花火大会を見に行きました。
荒川沿いであげられる花火です。
2015080221315358b.jpg
あらかじめ鰻を購入。
もちろんビールも購入。
20150802213153794.jpg
河川敷は人、人、ひと。
でも広々とした河川敷なので、ぎゅうぎゅうという感じはありません。
川からの風も吹いて涼やかです。
20150802213153afc.jpg
201508022131532c7.jpg

20150802213153e4f.jpg
ジバニャン?
ソウルで食べたもの
DSC00754.jpg
マンドゥジョンゴル(餃子鍋)。
牛からとったスープでお野菜たっぷり。とっても美味しい!!
イチョン(二村)の博物館近くのお店です。

DSC00785.jpg
メッチュ(ビール)。CASSとかいろいろありますが、これが一番おいしいとか。
DSC00787.jpg
焼き肉!
いろいろおかずが並ぶのがまた楽しいんです。
こちらもイチョンのお店。
DSC00784.jpg
焼き肉屋さんの看板犬。本物です。
ソウルのロシア街Ⅱ
DSC00789.jpg
東大門にあるロシア食料品店で見つけた缶詰。
ロシア語も韓国語もわからないけど、とりあえず購入。

DSC00790.jpg
開けたらこんな小魚でした。
鰊の稚魚みたいです。
塩分はほとんどなくて、魚の味がして美味しい!
マッコリ四合瓶、空いてしまいました…
ソウルのロシア街Ⅰ
DSC00775.jpg
ソウルにロシア人(中央アジア)街があると聞いて、そこへもいってみました。
東大門のザハ建築の近くです。
DSC00776.jpg
一画に入ると、いきなり看板にロシア語がはいります。
これは薬局。
DSC00777.jpg
韓国料理屋の看板にも。
DSC00778.jpg
道路にも。なんて書いてあるのでしょう…
DSC00779.jpg
食料品店。
ウォッカがずらりと並びます。
DSC00780.jpg
DSC00781.jpg
レストラン。
異国に迷い込んだようです。
DSC00783.jpg
このような街ができたのは諸説あるようですが、ロシア(ソ連)に移り住んだ韓国人が戻ってきてできた街のようです。
大陸ならではのいろいろな経緯があるのだなあと実感します。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。