*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウナギ博覧会―この不可思議なるもの EEL EXPO TOKYO

今年は、例年に比べウナギをよく食べました。
要町の美味しい店、半田の美味しい店、名古屋駅で買った駅弁・・・。

というわけでウナギのことをお勉強しよう!と、ウナギ博覧会にでかけてきました。
鰻博覧会――この不可思議なるもの EEL EXPO TOKYO
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/index.html
本郷の東京大学総合研究博物館で開催中です。

これが想像以上に面白かったです。
鰻の標本から生きている鰻の稚魚からオトナまでもいました。
鰻は旅に始まり、旅で終えるそうです。
マリアナ海溝で生まれ、日本にたどり着き、またマリアナ海溝へ戻って産卵を終えて一生を終えます。
大体寿命は10年で、最後、産卵に戻るときは、何も食べないで半年間泳ぎ、産卵をするそうです。
骨と皮だけになったウナギの標本がありました。

なんてスバラしいウナギの世界!
感動したまま足はウナギ屋へ。
DSC05735.jpg
西日暮里にある稲毛屋さんです。
http://www006.upp.so-net.ne.jp/inageya/

DSC05736.jpg
白焼きと蒲焼き。
ウナギはもちろん、ここはお酒もたくさん揃ってて、飲むにも楽しいお店です。
ウナギの苦労はすっかり忘れ、堪能しました。

ウナギ博覧会は16日まで開催です。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

ウナギ博覧会いいですね
学問なんでしょうけど
博覧会名のネーミングが絶妙だし、存在は神秘的だし、ぜひ言ってみたいものです。

卵がようやく見つかった生物ですから。

愛知県は水揚げ高 日本一。一色のウナギは浜松よりおいしい といいたいところですが
食べ比べても いまだにわかりません。
みどりドアラさんへ
博物館の人に聞いたら、この展示会の準備に2年間かかったそうです。
こんな立派な展覧会がタダで拝見できてしまうなんて、大学ステキです。

愛知県が水揚げ高日本一とは知りませんでした!
一色町(ってもうなくなってしまったのでしたっけ)にも食べにいかなきゃ。
No title
ごぶさたです。
相変わらず活動的ですね~。
まだまだバタバタしてます(汗
熊谷もウナギそこそこ有名ですよ~。
醸し人九平次買ってみました(^-^)
おとみへ
はい、相変わらずふらふらとしてます(笑)
こんど熊谷にウナギ食べにいかなきゃ!
落ち着いたらね。
醸し人九平次の感想も聞かせてね!
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。