*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観劇 Kabuki at Shinbashi theatre

新橋演舞場にて歌舞伎観劇。
夜の部は、時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)と道成寺です。

桔梗旗揚は、武智光秀(明智光秀)が主君春永(信長)からの恥辱に耐えに耐え、ついには本能寺に向かうお話。
初めてこの演目を見たのですが、上司からの辛い仕打ちに耐えるサラリーマンの気持ちと相通じるところがあります。
光秀の吉右衛門さんから、思いがひしと伝わってきます。

京鹿子娘道成寺はいつか踊ってみたいと思いますが、女性ではとてもこれを全て踊れません。
全曲で1時間強ある長い舞踊なので体力がもたないのです。なので、踊りの会などでは一部を踊ります。
きっと、情念は男性に負けないと思うのですが。
福助さんの白拍子花子、とてもよかったです。


写真は幕間にて。

I like "kabuki"very much.
Kabuki is a Japanese traditional form of theater.
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。