*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琵琶湖湖北への旅 その1 Trip to Biwako(The lake of Biwa) 1
DSC01196.jpg
夏休みの一日、滋賀県へでかけてきました。
名古屋からだと琵琶湖は近くて、泳ぎにいったり、高校の遠足で彦根城へいったこともありましたが、湖北へはいったことなかったんです。
というわけで今回の目的地は木之本です。
DSC01188.jpg
琵琶湖に浮かぶ竹生島。
謡曲や長唄でも「竹生島」という曲があります。長唄の竹生島は荘厳な素晴らしい曲です。
私の長唄師匠栄敏郎先生の師匠が、この竹生島で奉納にこの「竹生島」を演奏したら、お堂の扉がふわーと開いたとか。
DSC01166.jpg
まず、地蔵院へお参り。
御開帳は年に一回で拝見できませんでした。
DSC01169.jpgDSC01190.jpg
木之本は北国街道の宿場町として栄えたところ。
その古い家並みがたくさん残っています。
こちらは酒蔵。「七本槍」というお酒をつくっています(賤ヶ岳がすぐ近くです)。
DSC01170.jpg
軒下の輪っかは、馬をつなぐためのものだそうです。

DSC01168.jpg
こちらは本陣。
当主は日本で初めて薬剤師になった人だそうです。
DSC01195.jpg
こちらは三味線など邦楽器の糸(弦)屋さん。
この北国街道はシルクロードとも言われたぐらい、絹の生産の盛んなところだったそうです。
北の敦賀の辺りでは羽二重。
南の長浜辺りでは真綿。
そしてここ木之本では楽器糸だそうです。
「私が嫁に来たころは20軒ほど糸屋さんもありましたけれど、今は1軒だけになってしまいました」
ともう一つの酒蔵の上品なおばさまが教えてくれました。

DSC01192.jpg
どのお宅も素敵なのですが、車がびゅんびゅん通るのが難点。
ここ木之本だけでなく、どこももっと歩きやすい町にしたらいいのになあといつも思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。