*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂東流95周年記念舞踊会


暑いぐらいの祝日、坂東流の踊りの会を観に、国立劇場へ出かけてきました。
この日はお稽古仲間と冨起子さんと鈴梢さんも出ています。

久しぶりの国立劇場。
ロビーに入るだけでもうワクワク感が高まります。歌舞伎座に比べれば地味ですけど、こんな鏡獅子とか、やっぱりワクワク。

開幕前の舞台です。
今日は落語にもある「あたま山」や「鷺娘」、「吉野山」や「お祭り」などなど。
姉弟子の冨起子さんが踊った「お祭り」は、賑やかで楽しくて、坂東らしいなあという振付。なんか亡くなった三津五郎家元を思い出して、涙。

鈴梢さんの「鷺娘」は有名な曲です。娘に扮した鷺が、恋に思い、最後は畜生となって狂うという踊り。もう女の情念がたーっぷり盛り込まれて踊りなんです。
鈴梢さんがもうこれを素晴らしく女の色気たっぷりに踊って、また涙。


今日の着物はいただきもので初めてきました。ぴったり!帯もです。目指すは鷺娘!(笑)
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。