*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山伏茸と焼き葱のおすまし
きのこ

ここ数年スーパーの店先にいろいろなきのこがでています。
でもどうも見た目に慣れないのかいつも定番のしめじや椎茸ばかりで買うのを躊躇しまっていました。
ところが最近ふと手にとることができました。
目が慣れてきたのでしょうか。
そんな初めて買った"さんご山伏茸"を使ったおつゆです。

葱はぶつ切りにしてフライパンで焼きます。
鍋に水と昆布とをいれ、火にかけます。
沸騰したら一口大に切った山伏茸と葱をいれます。
塩と醤油で味付けて出来上がり。

ふわふわしていてほんと珊瑚みたいな形です。
「きのこから出汁がよくでる」とありましたが、確かに御汁がとてもおいしいです。
でもその分きのこは養分が出てしまっている感じ。
歯応えだけを楽しみます。
今度は他のきのこにも挑戦してみようっと。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。