*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雷豆腐麺
雷麺
江戸時代に出版された料理本に「豆腐百珍」があります。
1782年、化政文化が栄えていたころです。
この中の「雷豆腐」と「豆腐麺」。
二つを合体させてみました。

豆腐は軽く重しをして水気を切り、葱は刻みます。
ひやむぎは茹でておきます。
フライパンか中華鍋を熱々に熱して、胡麻油を加えます。
煙がたってきたぐらいのところに豆腐を崩しながら加えて炒めます
(このときバリバリいうので雷豆腐)。
続いて葱とひやむぎを加えます。
塩と醤油で味付けて出来上がり。

おいしい!!
夏のお昼にも、ビールのお供にもぴったりです。
ちなみに雷豆腐は葱と豆腐の炒めもの、豆腐麺は小松菜と豆腐と素麺の炒めもの。
豆腐百珍、すぐれものです。
関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんは!えええ~そうなんですか~?ええっ~って感心してます!すごく、粋な由来なんですね!私が知らないだけ・・・?言われてみたら、炒める時雷みたいな音しますよね!・・・・・さすが江戸っ子ですね!
♪ゆかりんさん

ねー江戸の言葉の感性、すごいですよね。
このほかにも「雲かけ豆腐」や「あられ豆腐」「墨染豆腐」など洒落た名前のものがいっぱいあるんです。
これもまた作ってみます。
プロフィール

さえこ Saeko

Author:さえこ Saeko
東京池袋にある割烹もり山を経営しています。
趣味は日本舞踊(坂東胡さ枝)と長唄三味線、和裁、旅行などなど。
I'm a Japanese restaurent MORIYAMA's owner and chef in Ikebukuro,Tokyo.
I have a lot of hobbies,playing Nihon buyo(Japanese traditional dance),playing the syamisen, sewing kimono and traveling around the world.

池袋 もり山 ホームページ
Moriyama homepage

http://moriyama.tokyo/'




レシピブログに登録しています。




ブログ内検索
お知らせ
三菱総合研究所 編著 『フロネシス06』 消費のニューノーマル
2011年8月発売
インタビューを受け、写真付きで掲載されています
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。